プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2019年01月06日

向き合わずに一緒に本棚を見る

「本の処方箋」というコンテンツがある。


「問診票」を書いてもらい、
話を聞きながら、
3冊ほどの本を提案する。

1つ目が悩みにストレートで応える本
コミュニケーションに悩んでいればコミュニケーションの本。

2つ目が悩みに対して変化球で応える本
こういう見方もできるんじゃないか?っていう本。

3つ目が話とは全然関係ないけど、
話していて頭に浮かんだ本、だ。

夏の長野・木崎湖での
「アルプスブックキャンプ」では好評の企画で
4年連続で処方箋をやっている。
白衣や聴診器といった小道具もある。

僕がこのコンテンツの力を知ったのは、
ツルハシブックスで、初めて来店したお客さんに声をかけたときだった。

大学4年生。
就職活動中。
「いま、本の処方箋っていうのをやっているんで、よかったら」

当然、就職活動の悩みから話が始まった。
ところが、その後、彼女の口から出た言葉に驚いた。

「お姉ちゃんと違って、私は母から愛されていない気がするんです」

衝撃を受けた。
いま、会ったばかりの本屋の店主に、そんな悩みを相談するだろうか。
いや、何より、本屋のおじさんにそんな話をしても、解決するはずがない。

僕はただ、話を聞いていた。
たしか、1冊の本も処方していない。
(まさか「嫌われる勇気」(岸見一郎)とかを差し出せないでしょう。笑)

「すごい。」

と思った。
「本の処方箋」がすごいって思った。

初対面の人にそんなにも話ができるっていうのがすごいって思った。
これは、「オープンマインド」をつくる
コミュニケーションデザインとして非常に優れているツールだと思った。

人に悩みを話す。
その悩みが重ければ重いほど、根源的であればあるほど、話しづらい。
まわりの友人には気楽には話せない。

ところが、
「それを聞いて本を選ぶ」と言ってきた本屋の店主には、それを話すことができる。

それは、本くらいでは、その悩みは解決するはずがないと思っているから。
気分が気楽なのだ。

もうひとつ。
「旅する図書館」という企画で一緒だった岡島さんに言われて、気が付いたこと。

「そうやって若者と向き合ってるんですね。」

「!!!」

気づいた。
向き合ってない。
僕は向き合ってなかったのだった。

話を聞いているフリをしながら、
もう半分の脳は、「何の本にしようかなあ」って
本を選んでいるんだ。

「本の処方箋」のとき、
2人の視線というか感覚は本棚のほうを向いている。
それが重要なのではないかと思った。

「本の処方箋」というコミュニケーション・デザインのチカラ。

1つ目に、その人間関係がインスタント(その場限り)であること
2つ目に、その悩みが本くらいでは解決しないと思っていること
3つ目が、向き合わないで本棚の方向を見ていること

この3つによって、ホントの悩みが引き出せる。
それが「本の処方箋」のチカラではないかと思う。

愛とはお互いに見つめ合うことではなく、いっしょに同じ方向を見つめることである
(サン・テグジュペリ)  

Posted by ニシダタクジ at 07:00Comments(0)かえるライブラリー

2018年09月12日

はたらく女子のための「プロジェクト」ラボ

かえるライブラリーキカクカイギ。
隣の自習室との関連性について。

届けたいのは誰なのか。
という大切な問い。

昨日、新宿で
大学生2人と話した、
「場のチカラ」と「プロジェクト」について

1「誰とやるか」2「いつやるか」3「どこでやるか」
が場のチカラで。

そこに
4「なぜやるか?」
5「誰に対してやるか?」
6「何をやるか」
7「どのようにやるか」
が加わって、プロジェクトになる。

企業インターンシップは、
あらかじめ1~6までが決められていて、
7を考えるというものが多いだろう。

何をやるか、やゴールは決まっていて、
それをどのようにやるか?を委ねられている。

しかし。
そもそも、そのゴールに同意・共感しているのか?
があまり問われない。

「何あまいこと言ってんだ」
と言う人もいるかもしれない。

でも、インターンだって、
めちゃめちゃ貴重な大学生の数週間~数か月を投資してやっていくのだから、
できることなら、同意・共感しているプロジェクトをやりたいだろうと思う。
そこでも、参加とケアのデザインが重要だと思った。

「にいがたイナカレッジ」のすごいところは、
4 なぜやるか
5 誰に対してやるか
6 何をやるか

が大学生のチームに委ねられているところだと思った。


(写真は9月3日の交流会の様子)

9月3日の中間研修のときの
各プロジェクト紹介では、

「最初は・・・だったんですけど、
私たちはこう考えて、こういうアウトプットにすることにしました」
っていう話が続出。

ああ、アウトプットを自分たちで決めていいんだ。
というか、プロジェクトの「価値」と「顧客」を自分たちで
決めていいんだって思った。

それって。
めちゃめちゃ重要なことなんじゃないか?

時代の境目にある、とか
社会は大きな変化の中にある、とか
よく聞く話なのだけどさ、

本質的には「価値」を自分なりに設定して、「顧客」に届けていくこと。
そう、「手紙」を届けていくことだと僕は思っているのだけど、

そのためにはさ、「価値」を問い、「顧客」を設定し、
そこに対してアウトプットして、振り返る。

それをやんなきゃいけないよね。
企業が設定した「価値」(≒売上・利益)
に「どうやるか」だけを考えるだけじゃさ、
なんか、物足りないって感じるのはその通りだろうなと思う。

それは大学生だけじゃなくて、
いま会社員として働いている人も同じで、

たぶん、自分で「価値」と「顧客」を設定して、
プロジェクトを生み出すみたいなことって、
絶対的に必要としているのではないかなあと思う。

世の中が激変しているのではなくて、
「価値」が流動していて、

今までは「効率化すること」と
「課題を解決すること」は、
「価値」(≒売上・利益)に
直結していたわけだけど、

「効率化」や「課題解決」は
もはや「価値」の源泉ではなくなっているのだと思う。
というより、
みんなが思う「価値」みたいな共有ができなくなっている
と言ったほうがいいか。

だから、その都度、集まったメンバーで、
ひとりひとりの物語も大切にしながら、
「価値」を設定して、プロジェクトを設計して、
それをやってみる、そんな「場」を必要としているのだろうと思う。

はたらく女子のための「プロジェクト」ラボとしての
「かえるライブラリー@湯島」っていう方向性は
かなり実現したい絵だなあと思いました。

※10月7日(日)に「かえるライブラリー」の東京拠点である、
ソラ-solur-のプレゼンテーション大会が入谷であります。
ピアノ発表会のようなプレゼンテーション大会、一緒に見に行きませんか?
当日はツルハシブックスも出店予定です。
http://solur.jp/Presentation/  

Posted by ニシダタクジ at 07:56Comments(0)かえるライブラリー

2018年07月18日

「かえるライブラリー」始めます



「かえるライブラリー」始めます。
noteも同時更新予定です。

「かえるライブラリー」は、

ツルハシブックス(2011.3~2016.11)の中で
2011年7月に始めた若者のための「地下古本コーナー HAKKUTSU」
と東京・練馬・上石神井で2015年から活動している
10代限定の「暗やみ本屋 ハックツ」の次のバージョンだと思ってます。

特徴は、
・本棚があれば始められる。
・有志の人がチームをつくり、本を寄贈する。
・1冊1冊に値段(古本としての価格)がついている。
・借りることができるが、買うこともできる。
「かえる」⇒「買える」ライブラリー

で、もっとも大きな特徴が、売れた時に発生します。

・1冊1冊の値段で本が売れたとき、半分がライブラリーに入り、
半分は寄贈者本人が受け取ることができる。
(1000円の本が売れた場合、500円がライブラリーに、500円は本人に)
・寄贈者は上記の権利を放棄することができる。
・放棄した場合、同額の(上記の場合500円分)かえる券が発行される。
・地域に住んでいる若者(たとえば高校生以下など)はかえる券を使って本を購入できる。
・こうして地域に本が循環していく
「かえる」⇒「還る」ライブラリー

そして描いている未来は、こんな感じ

・「かえる券」を使用して本を購入した高校生は、何か恩返しがしたくなる。
・掃除とか店番とか手伝うようになり、コミュニケーションが増える。
・その場を使って、高校生が何かプロジェクトを始める。
・地域で何か創造的なプロジェクトをした高校生は、そこが「ふるさと」化する。
・進学・就職で外に出て行っても、その場に戻ってくるようになる。
「かえる」⇒「帰る」ライブラリー

そんな場を「かえるライブラリー」が作っていけたらと思います。

まずは、東京・湯島の「ソラ」をベースキャンプに
企画会議を開催中です。

今度の議題はこちら。

■「かえるライブラリー」への寄贈方法■

1 本を用意する
2 価格を設定する
3 申込書に記入

申込書内容:
・日付
・本のタイトル
・寄贈者氏名
・寄贈者連絡先(メール)
・価格
・売れた場合の半額の権利を放棄する、しないに丸を付ける
※しない場合、「かえる券」が発生します)
・寄贈してから半年が経過した本の行先については管理者に一任する。にチェック

4 メッセージカードを記入⇒表紙に貼り付ける
5 本と一緒に寄贈

いま、しくみ作り中ですが、
こちらでも少しずつ公開していきます。

次回からは「かえるライブラリー」に至った
ストーリーを確認するためにもこちらに
書いていこうと思います。  

Posted by ニシダタクジ at 08:13Comments(0)かえるライブラリー