プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



新潟市西区内野町431-2
TEL 025-261-3188

平日12:00~19:00
土曜 7:00~21:00
日祝10:00~19:00
*火・水曜定休





QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2013年10月20日

行動力が生み出す何か

「若い人の自由な発想で」
「斬新なアイデアを出してもらって」

なんてことがよく言われるけど、
実はそんなことはなくって、
経験のない大学生や若い人にアイデアは
なかなか生まれない。

インターンシップの価値は、
そういうところではなく、

行動力から生み出される何か、
に価値があるのだと僕は思う。

人口80人の離島の
空き家を調査した中四国の事例。
皿洗いをしながら考えて
メニュー提案をした関西の事例。

そして、
僕にとって熱かったのは、関東代表の御園生さんの
横浜の野菜を届けたいとアクションしまくって、
いつのまにか牛乳屋さんにつながって、
牛乳屋さんが野菜や加工品の配達をするようになった事例。

行動力が偶然というか、奇跡を生んでいる、
そんなふうに感じた。



会場の投票によってグランプリに選ばれた
九州ブロック代表の吉野さんは、
この夏、全国を旅してまわり新潟にも立ち寄っていた。

彼女の行動力と
自分で考える力はすごいなあと思っていた。
メモをとりまくって、マッピングして、
アイデアが生まれる。

それはマチトビラの事前研修で教わったという。

いやあ、マチトビラ、いいインターンしてやがるなあって思いました。
さすが僕の愛弟子のスエヨシコージ。(笑)

行動力が価値を生み出すのだと、
実感できた1日でした。

鹿児島チームのみなさん、おめでとうございます。
また長期実践型インターン、やりたくなっちゃいました。

ステキな感動をありがとう。  

Posted by ニシダタクジ at 08:05Comments(0)イベント

2013年10月16日

働き方革命

駒崎さんの講演会@県庁に
いってきました。

中小企業の経営者のおじさん向けの
講演会だったので、
「働き方革命」(駒崎弘樹 ちくま新書)
の内容をものすごく噛み砕いて、ソフトに話をまとめていました。

もっと熱い話、聞きたかったけど、
県庁の主催だから仕方ないかな。

30代男性の
年収ボリュームゾーン(最大派閥)は
2002年には500万円台だったのが
2012年には300万円台になっている。

だから。
共働きしなくてはいけない。

しかも。
高齢化が世界のどこよりも急速に進む日本。
2050年には労働力人口は2/3に。

しかし。
日本には埋もれた資源「女性」の存在がある。

女性が先進国並みに働くことでGDPが4%上昇
(過去20年間のGDP平均成長率は0.9%)

だから。
共働きを当たり前にする、つまり、男性も家事と育児をやる必要。

ところが。
日本の男性の家事、育児に関わる時間は
先進国でも著しく低い。
だから、働き方を変えましょう。

ということで。

駒崎さんのフローレンスでは、取り組み始めました。

1 会議革命
ミーティングの議事録はプロジェクターで映しながら作成し、
「やること」と「期限」を見える化。
会議に全部参加するフルメンバーと一部参加するサブメンバーを分ける。

2 ひと仕事ふたり原則
1つの仕事を二人以上で担当することで「誰でもできる化」
・給与担当 3か月おきに交代(2人体制)
・新規顧客担当 1か月ごとに交代
・採用 2人で候補者を割り振り

メリット
・マニュアル化が進む
・人の育成が進む
・異動がしやすい
・休んでも平気

3 勤務の柔軟化
文章作成、ウェブ作成などの
集中系仕事は自宅でやることが可能(在宅勤務)
日報で報告、タスクが終わっていればOK

4 お助けWANTED

仕事の内容は
「その人でなければできない仕事」と「誰でもできる仕事(=単純作業)」に
切り分けることができる。
仕事の繁忙期は、部門やメンバーによって異なる

⇒繁忙期や人手が必要な作業は作業を切り出し、
ボリューム、締切りを明確化して代行者を募集する。

⇒自部門以外の理解が深まり部門間コラボレーションが起こる。

5 チャレンジ休暇制度

10日以上の連続した休暇を取る
・キャリアの棚卸
・ミッションの明確化

などなど。
実践で使える技が満載。
働きやすい職場として表彰され、
優秀な人材が次々に集まってくるという好循環が起こる。

いいですね。
こういう企業が増えていくことが
日本の未来に必要なのだなあと思いました。

同時に、企業社会ではない、
もうひとつの道、
たとえば、お弁当屋さんを起業して、週3日だけ働くとか、
そういうバランスのとり方もあるのではないかなと思いました。

後者の方を考えていく研究所、
ナリワイ研究所を作りたいなあと思いました。  

Posted by ニシダタクジ at 06:21Comments(0)イベント

2013年08月31日

オールナイト本屋

オールナイト本屋を敢行。
35名の方に入場頂きました。
思ったよりも盛り上がりました。

僕の担当は22時からのプロジェクトバツと
4時からの超朝活。
熱い時間となりましたね~。



いろいろな爆弾発言も登場し、
盛り上がりまくったプロジェクトバツと、
朝4時にも関わらず、本屋とは何か?
本屋が果たす役割とは?
という熱いテーマで語った超朝活は
歴史に残るコーナーとなりました。

こういうコミュニティもいいなあと
思いました。

ツルハシブックスは
ナリワイ時代の結節点になっていくと思います。

いざ、
ナリワイの時代へ、いきましょう。  

Posted by ニシダタクジ at 11:28Comments(0)イベント

2013年08月26日

楠さんの紅茶物語

大阪から帰ってきたら
新潟は秋の涼しい風が吹いていて
ちょっとホッとします。

昨日は楠さんのドリプラのプレゼンで
泣いてました。

ホント、よかった。

カフェコポコポの精神と
クロスする楠さんのつくるカフェ。

カフェコポコポという
実験は終わってしまったけれど、
楠さんがまたあらたな物語を
紡いでいってくれる。

そう思うと、
すごく幸せな気持ちになりました。

本当にありがとうございました。

楠さんの紅茶や「こかげ」は
現在絶賛準備中です!!

ありがとう。  

Posted by ニシダタクジ at 07:11Comments(0)イベント

2013年06月29日

北信越ブロック予選

地域仕事づくりチャレンジ大賞2013
北信越ブロック予選の審査員をしてきました。

かなざわ学生のまち交流館
ステキな古民家だったなあ。



僕の役割は
・オープニング
・ゲストトーク
・審査委員長

と盛りだくさん。
(僕のためのイベントだったんじゃないかと思うくらい)

3事例。
全て、「愛」を感じる心あったまる事例でしたが、
代表に選出されたのは
限界集落で学生がいろいろと活動している
東原町の事例。

なんとかいうか
まだまだこんなこともあんなこともやれる。

そんな期待値を込めて、
ブロック代表に選出しました。

10月、横浜の地に風を吹かせてきてください!  

Posted by ニシダタクジ at 04:08Comments(0)イベント

2013年03月25日

3月31日(日)佐藤家かや刈りボランティア

文化ってすごいな。
ってあらためて思った。

昨日。
鮭の稚魚の放流。
小学生が鮭の稚魚を放し、帰ってくる川を目指す活動。


そこには地元の若い衆からお年寄りまで、
30名以上が駆けつけ、川の掃除、準備、そしてイベント進行
を行った。

オープニングで自治会長が言う。
「鮭の上る川を取り戻したい。」
そんなこと、子どもにはよく理解できないだろうけど、
きっとこの空気感は、伝わっているはず。

「地域愛」

簡単に言うけれど、簡単じゃない。
何十年、何百年とかかって作り上げられてきたもの。
そこには愛と尊敬と感謝が溢れている。

ひとりひとりからにじみ出る「地域愛」を
感じること、これを「誇り」と呼ぶのではないだろうか。

僕は、千葉県のいわゆる新興住宅地で育った。
そこに、「地域のつながり」と呼べるようなものを
感じたことはあまりない。

だから。
僕は新潟市西蒲区(旧巻町)福井地区の
じいちゃんたちを見て、初めて
地域愛を体感したのだ。

そのときの衝撃は今での忘れられない。

「こんな豊かさがあったのだ!!」
という世界が拓けたあの感覚。

それは旧庄屋佐藤家保存会のかや刈りボランティア、
そして、その後に続く飲み会に参加した時だった。

かや刈りを終えた
地域のじいちゃんたちが
酒を酌み交わし、談笑している風景。
あの空間のなんとも言えない豊かさ。

これから世界を拓いていく大学生、20代の人にはぜひ体感してもらいたいです。

3月31日(日)
佐藤家かや刈りボランティア
09:00集合12:00までかや刈り
12:00~14:00くらいで慰労会(食事会)です。
参加無料です。
集合は、西蒲区福井旧庄屋佐藤家(西蒲区福井2908)です。

また、冬のあいだお休みしていた
「人生最高の朝ごはん」も
31日から再開します。

こちらは06:00集合。地域の泥上げに参加して、
釜炊きの朝ごはんを食べます。
持ってこれる方は角スコ(四角いスコップ)を持ってきてください。

※車がない、などのご相談は西田までお願いします。
内野駅から車で送迎できる場合があります。

昨年のかや刈りの様子


朝ごはん初日の様子
  

Posted by ニシダタクジ at 05:44Comments(0)イベント

2013年03月06日

価値観をタテに広げるボランティア

大学生時代にやっておくべきこと

「視野を広げる」ということ
ヨコにではなく、タテに視野を広げる、ということ。

・旅に出る
・インターンシップ:商店街だとなおよい
・ボランティア

この中では、もっとも多くの人と瞬時に出会え、
仲良くなれるのが「ボランティア」だろう。

そしてそこには、「魂」ともよぶべき、
熱い想いが詰まっていることが望ましい。

新潟で、熱い魂のボランティアと言えば
にいがた総おどりボランティアスタッフだろう。

2002年9月。
たった3人で立ち上げたおどりの祭典が
いまや全国から踊り子や観客が集まる、
秋の風物詩となった。

そして、毎年3月に行われていた
春の総おどりは、さらに規模を拡大し、
日本文化を伝えるイベントになった。
http://www.soh-odori.net/info/2013/02/19/2104.html

現在、当日ボランティアスタッフおよび
準備段階から関わってくれるボランティアスタッフを募集している。

あなたも文化のつくり手になりませんか?
詳しくは以下の事務局、または西田まで、お問い合わせください。




~~~~~ここからボランティア募集要項

Art Mix Japan 2013 ボランティア募集

■開催日/4月20日(土)

■活動時間/
①【全日】8:00~21:00
②【前半】8:00~14:00
③【後半】15:00~21:00
※好きな時間帯を選べます

■活動内容
祭運営に関わる部署のお手伝い
(参加チームの受付、出演者誘導、グッズ販売、会場警備、進行補助、チケットもぎり、給水、など)
※活動内容をお選びすることはできません。

■活動場所
新潟市民芸術文化会館りゅーとぴあ
りゅーとぴあ空中庭園
古町5~7番町

■申込み方法
●メールでの申し込み
bora@soh-odori.netへ
住所、氏名、年齢、性別、電話番号、活動時間、学校名を記載し送信

●お電話での申込み
025-201-2260へお問い合わせ(担当宮城)

■ボランティア説明会(原則参加必須)
説明会の日時:4月7日(日)
※時間は追って連絡いたします。
会場:万代市民会館 4F大研修室(新潟市中央区東万代町9番1

以下感想
--------------------
①28才 男性 会社員
夢中になれる「何か」を探していた。
たまたま参加した総おどりで頑張っている人たちがとても輝いてみえた。
市民で作りあげる祭。
そこに居場所を感じた。

②18歳 女性 学生
参加してる人が楽しそうだった。
参加している人が一生懸命だった。
実際に参加してみて不安だったけど
回りのみんなが優しく受け入れてくれて
今でも楽しく活動しています。

③19歳 女性 学生
参加している皆さんがキラキラしていて。
それに学生も多くて。
ただただ衝撃的でした。
開いた口が塞がらないってこうゆうことを
言うんだろうな~って思いました。
もしボランティアとして動くことで
この方々の力になれるのなら、と思えました。

③40歳 男性 会社員
いろんな方とのコミュニケーション。
終わったあとのビールがうまい。

④28歳 女性 会社員
スタッフは踊り子、観客の声をダイレクトに聞くことが出来る。
そうすると反省や欲が出来るから、また続ける。

⑤18歳 女性 学生
『こんなに暑いのにありがとう!』
と感謝されたときはやっていてよかったなって思いました。
こうしてボランティアに参加している人に踊り子の人が
気さくに話しかけてくれたことがすごく私たちボランティアにとって
嬉しいことでした!  

Posted by ニシダタクジ at 05:41Comments(0)イベント

2012年10月02日

7日(日)巻商店街でだがしや楽校開催

2005年から続く定番イベント
だがしや楽校@巻本町商店街in多加良まつり
が今年も10月7日(日)に開催されます。

主催は巻まちづくり協議会の教育文化部
おじいちゃんたちが工作の屋台を出します。
フリーマーケットの横で小さくやっています。

川村さんのフォークソングもあって、
非常にいい雰囲気となっています。
だがしや楽校では、
大学生のボランティアを募集しています。

子どもと遊ぶのが好きな方。
地域での子育てに興味のある方。
お祭りが好きな方の
ボランティアを募集しています。

ボランティア希望の方は5日までに
西田まで連絡ください。


  

Posted by ニシダタクジ at 06:09Comments(0)イベント

2012年09月30日

未来は僕らの手の中

昨日は、玉城ちはるさんのミニライブ、
ちはるさんに財津正人さんと僕を加え
3人でのトークセッションでした。

超おもしろかった。

ライブは胸にしみこむような歌声で、
こころを洗い流してくれました。

そしてトークライブ
やっぱり財津さんの時代観、社会観と
僕は非常に近いなあと思いました。
そういう人と話すと面白いなあって。

財津さんの
「本を救うのは俺しかいない」って
すごくよかったなあと思いました。
そういう勘違いで熱く生きれる人ってやっぱ楽しいよね。

先行きの見えない時代。
不安でいっぱいになる。

でも。
こんな時代だからこそ、
自分で未来をつかめる時代だと思う。

国全体が高度経済成長の真っただ中にあった時代。
夢のような未来が約束されていた時代よりも、
今のような先行きの見えない時代は、
個人がつかみたい未来へ向けて歩き始めるときだ。

この時代に生まれて、生きてよかったと思う。
そう。
未来は僕らの手の中。
玉城さん、財津さん、甲本ヒロトさん、ありがとう。  

Posted by ニシダタクジ at 07:31Comments(0)イベント

2012年07月10日

7.14東京・渋谷で会いましょう

「地域を変えるひとりになる。」

それは

「世界を変えるひとりになる。」

と同義語だと僕は思う。

バタフライ効果。
「ブラジルでの蝶の羽ばたきがテキサスでトルネード(竜巻)を起こす。」
という学説だ。

いまや、ソーシャルメディア時代となり、
この世界が現実のものとなった。

Think Globally, Act Locally
これがまさに現実のものとなっている。

地方でチャレンジし、
自らの人生を輝かせたい
熱き20代に送るプログラム
地域イノベータープログラムに
新潟県からもエントリーしています。

新潟県長岡市栃尾・一之貝地区
高齢化率が50%に迫るこのまちで、
一緒に仕事をつくりませんか?

障がい者、高齢者が一体となった
農業をベースにした仕事づくりに
チャレンジする若者を募集します。
http://community_innovators.etic.or.jp/project/une

一之貝、UNEHAUSでの風景


詳しくは7月14日(土)に渋谷でお会いしましょう。
私がブース担当です。

●期間限定で地域に移住!地域で新たなビジネスを起こす!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      地域イノベータープログラム マッチングフェア2012

  ~最前線の地域変革の現場に参画するプロジェクトパートナーを募集~
----------------------------------------------------------------------------
              2012年7月14日(土) 13:30~18:00 @東京・渋谷
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

地域イノベータープログラムは、地域の変革を担う起業家や地域プロデューサー
のもとで共に事業を立ち上げるパートナーを発掘・育成し、
持続可能な地域の発展を目的とするプログラムです。

衰退する地域が、活力を取り戻し、将来的に新たな担い手が育っていくためには
新たな仕事、新たなチャレンジが必要不可欠です。

本プログラムでは、それぞれの地域で新たに仕事をつくり出そうとしている
起業家や地域プロデューサーのもとにフルコミットで参画し、
共に新たな事業を創っていくパートナーを募集します。
まさに経営者と同じ視点で新たな事業の責任者として取り組むことができる
挑戦の機会があります。


今回のマッチングフェアでは、地域で挑戦する経営者の方が一堂に会し、
それぞれの現場でのチャレンジや、今地域で取り組んでいる思いなどを
聞くことができる年に1度の機会です。

また、過去のプログラム参加者も参加し、自身のキャリアや、本プログラムへの
参加動機などを赤裸々に語るパネルディスカッションも予定しています。

いま地域の最前線の現場に挑んでいる方々、挑戦するため地域へと飛び込んだ
方々に会いに、当日ぜひ会場にお越しください。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■ イベント概要
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<日時/会場>
 ●日時:2012年7月14日13:30~18:00(開場: 13:00)
 ●場所:NPO法人ETIC.
     http://www.etic.or.jp/etic/access.html
 ●参加費:無料
 ●主催:NPO法人ETIC.
 ●参加申込み
  下記URLから必要事項を記入してお申し込みください。
  http://community_innovators.etic.or.jp/fair

<プログラム概要>
13:30-13:45 プログラム概要説明
13:45-14:30 プログラム経験者パネルディスカッション
14:30-15:30 地域プロデューサー・プレゼンテーション
15:30-17:00 個別ブースセッション
17:00-18:00 交流会

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■ 当日参加するプロジェクトリーダーのみなさま
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎社会福祉法人トゥムヌイ福祉会/理事・施設長 喜納 平 氏
  http://community_innovators.etic.or.jp/project/tumunui

中央大学ラグビー部卒業。 大手ゼネコン在籍中に訪れたクリスマス島で
障がい者と島の人との関わりに触れ、障がい者と社会の関係性に疑問を持つ。
その後、沖縄に移住し福祉の分野にビジネス的視点を取り入れ、
障がい者が自立できる仕組みづくりを構築。
その取組みは海外から視察に訪れるほど注目されている。  


◎特定非営利活動法人UNE 家老 洋氏
 http://community_innovators.etic.or.jp/project/une

 大学卒業後、ドイツで農業実習を経験した後、農業研修生海外派遣事業
 に携わり、ドイツ・ヨーロッパで7年間活動した後、地元新潟県長岡市
 に戻り、長岡市議会議員を3期12年間務める傍ら、園芸福祉活動に
 関わり「農園芸分野での障害者のしごとおこし」を目指し昨年NPOを立上。
 現在、農村における障害者と高齢者のしごとおこし:農障高連携事業の推進
 と中山間地の活性化事業に頑張っています。


◎サザンセトなぎさパーク  大野 圭司氏
  http://community_innovators.etic.or.jp/project/sazan_seto

「人生は夢への挑戦!」島おこしを志しながら東京で修行後、
 2004年に周防大島にUターン。島の中で、自分にしかできない、
 島のための仕事を求め、フリーペーパー事業や起業家支援事業など
 さまざまな角度から事業を展開中。 島内の中学校の
 教育コーディネーターや、空き家活用のための団体立ち上げなど
 様々なステイクホルダーを巻き込みながら故郷である周防大島の
 新しい姿を創り上げている。  


◎一般社団法人へきんこの会 代表理事 山地 竜馬氏  
 http://community_innovators.etic.or.jp/project/hekinko

偶然友人の結婚式で訪れた鹿児島。偶然訪れた屋久島で初めて知った
口永良部島という島。まさか、自分がここに暮らすことになるなんて。
はじめは、朝起きて、漁に出かけ、牛の世話をして疲れて眠る毎日。
それでも、自分ひとりが生活していける稼ぎにはならなかった。
"自分がこの島で暮らして、生活できることを証明しなければいけない"
一人でも期待してくれている人がいる限り諦めたりしない。
使命感を持ち、人口150人の島で暮らしていけるため、
それを証明するため自ら仕事を創りだすことに挑戦している。 


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■ お申込み
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 当日参加を希望される方は、必要事項をご記入いただき
 下記Webサイトより、お申込みください。
 http://community_innovators.etic.or.jp/fair

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■ 個別説明会のご案内
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ETIC.では、地域で新たなチャレンジを仕掛ける20代~30代の若者や
 地域のリーダーを応援するプログラムを展開しています。
 
 今回のマッチングイベントにご参加いただけない場合も個別説明会を
 開催しております。
 説明会では、本プログラムの特徴・概要、
 各地域のプロジェクトの詳細、プログラムの参加に関する個別相談の
 時間も用意しております。
 以下の、各回の情報をご確認のうえお申込み下さい。
 
 ★個別説明会のお申し込みはこちらから
  http://community_innovators.etic.or.jp/briefing

  ※尚、プログラムのエントリーは、この事前説明会の参加は
   必須ではありません。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●お問合せ先:特定非営利活動法人 ETIC.(エティック)担当 瀬沼
〒150-0041 東京都渋谷区神南1-5-7 APPLE OHMIビル4階
TEL:03-5784-2115 / FAX:03-5784-2116
E-Mail:area-innovators@etic.or.jp
 Website: http://community_innovators.etic.or.jp

☆最新情報発信中♪
 twitter:http://twitter.com/#!/ETIC_cominovat
 Facebook:http://www.facebook.com/ETIC.Community.Innovators.Program
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  

Posted by ニシダタクジ at 06:14Comments(0)イベント

2012年04月09日

まきどき村、はじまりました。

4月8日。
人生最高の朝ごはん。
参加人数10名。

ちょうどよい人数。

畑に行ってきました。
まだ作業はないので記念撮影。
玉ねぎ植わってます。


来週はジャガイモ植えます。
そして、釜炊きごはん。

初参加の新井くんの釜炊き、美味かった!!

そして、2012年第2回の朝ごはんです。


朝ごはん後はかや刈りに参加!
かやぶきの家佐藤家の屋根の葺き替えのための
かやを刈ります。
寒かった!!


終了後午後1時過ぎから飲み会!!
午後3時半に終了。
明るい中、フラフラになって帰宅。
歩いて帰れるって素晴らしい。

さて。
次回の大きなイベントは
28日(土)の午後2時頃から、
佐藤家大掃除&お泊り会の予定です。

毎月1回、大掃除イベント、開催したいと思います。
参加費は宿泊+飲み会付で4000円~5000円くらいの予定です。
またご案内しますが、参加希望の方はご一報下さい。  

Posted by ニシダタクジ at 06:48Comments(0)イベント

2012年03月24日

踊りの力、祭の力

能登剛史さん。
新潟総踊り祭総合プロデューサー。

10年前。
にいがた総おどりが始まったとき。
誰がこんな時代を想像できただろうか。

「生きること」とは何か?
根源から問われる時代。

能登さんは、
「生きる」を踊りで、祭で表現した。
祭とは祈りだと、最初から思いを込めた。

全国各地で話題となった
いわゆる「よさこい」ブームとは一線を画し、
新潟独自の「総踊り」スタイルを貫いた。

そして10年が過ぎた。
今や、新潟を代表する踊りの祭典。

踊りを目の前にすると、
「生きている」ことを感じる。

春のにいがた総おどり。

見るのではなく、一体感を、
祈りを感じたいあなたに贈る、
1日ボランティアスタッフ。
まだ若干名の空きがあるようです。

他県出身の大学生に特にオススメします。
西田まで、連絡をお願いします。

能登さんの魂に触れることができる
ボランティアスタッフに是非。

●募集定員:
[第1部]和の響きと踊りの力 50名
[第2部]特別公演 70名
●活動内容:
・祭運営に関わる部署のお手伝い
(参加チームの受付、グッズ販売、会場警備、進行補助など)
●活動時間
[第1部]和の響きと踊りの力 8:00~18:00
[第2部]特別公演 13:00~22:00  

Posted by ニシダタクジ at 06:40Comments(0)イベント

2012年03月05日

【募集】春のにいがた総おどり

松岡正剛さんの「日本という方法」
を聞いてから、祭の重要性を改めて感じた。
神田昌典さんの「2022~これから10年活躍できる人の条件」
を読んで、日本をひとつにするのは祭かもしれないと思った。

歴史。
文化。
タテのラインをつないでいくこと。
「誇り」を取り戻していくこと。

アイデンティティの崩壊。
個人と日本のあいだにあるはずだった、
家族、組織、地域のつながりが失われた。

いま。
祭に想いを、祈りを込めることで、
つながっていく何かがある。

にいがた総おどり
総合プロデューサーの能登さんの
高知のよさこい祭りを見たときの直感。

祭には、大切な何かがある。
そう思います。

そんな空間を、一緒に創り上げてくれる
仲間を募集しています。

募集期限間近です。

【ボランティアスタッフ募集要項】
●募集期間:2012年1月15日(日)~3月9日(金)
●募集定員:
[第1部]和の響きと踊りの力 50名
[第2部]特別公演 70名
●活動内容:
・祭運営に関わる部署のお手伝い
(参加チームの受付、グッズ販売、会場警備、進行補助など)
●活動時間
[第1部]和の響きと踊りの力 8:00~18:00
[第2部]特別公演 13:00~22:00

興味のある方は西田まで連絡下さい。
info@herosfarm.net

詳しくはこちら
http://www.soh-odori.net/info/2012/01/15/720.html  

Posted by ニシダタクジ at 06:43Comments(0)イベント

2012年03月03日

思い重ねて

本日。
ニイダヤ水産復活プロジェクト
のチャリティー鍋が開催されます。

たくさんの人の思いが重なって、
本日を迎えることができました。
ありがとうございました。

まきどき村で菊地さんの思いを聞いたとき。
ニイダヤ水産を応援したいという素材広場、横田さんの
思いを聞いたとき。
プレゼンしてすぐに、鳥取の田中くんと鹿児島の末吉くんが
一口ファンドに申し込んでくれたとき。

UX小林さんがステキな映像を作ってくれたとき。
大関さんがその映像を編集してくれたとき。
西総合スポーツセンターで避難している人たちに会い、
イベントに行く、と声をかけてもらったとき。

たくさんの思いを重ねて、ここまでやってきました。

ニイダヤ水産復活プロジェクトは、
津波で被災したいわき市のニイダヤ水産を支援するために
真空機購入のための費用を集めるプロジェクトです。

本日。
11時~15時、ツルハシブックス2Fカフェコポコポにて開催。
参加費は500円で、大口屋さん協力の鮭鍋とおにぎりが食べられます。
ニイダヤ水産の賀沢さんも駆けつけ、思いを語ってもらいます。

思いを重ねる、ということを
改めて実感させられました。
ありがとうございます。  

Posted by ニシダタクジ at 07:23Comments(0)イベント

2011年11月03日

11月9日(水)出張ツルハシ

カフェのある生活
本のある生活

そうそう。
「生活」ってなんでしょう?

もっともっと
「生きる」ってことに貪欲になっていい、
と僕は思っている。

環境問題や教育問題が深刻なのも、
「生きる」っていうことを、
ひとりひとりが実践していないからだと思う。

経済合理性を最高の価値とする
世界を統一した宗教によって、
個人が「生きる」ことよりも、
費用対効果が優先された時代がかつてあった。

しかし。
その時代はもはや終焉したのだ。
3年前の秋。
アメリカの大手金融会社が消滅したときに。

度重なる災害は、僕たちに、
「必ず来る明日はない」ということを
教えてくれる。
生きることを問いかけてくれる。

テーマは重く言うと「生きる」っていうこと。

9月。
日本全国を「生きる」をテーマに
回っている大学生のインタビューを受けた。

西田さんにとって「生きる力」とは?

楽しむ力
つなげる力
学ぶ力

「生きる」から連想するもの
輝く瞳
今、この瞬間
つながっている感

そんなキーワードをあげていた。

「生きる」という表現活動にチャレンジする
人たちがこれからも集まってくるだろう。

9日、HAPPY LIFE CAFEで
出張ツルハシブックス、初開催。
カフェをテーマに様々な取り組みをしている
miyakoさんとのトークライブあります。
面白い人がいっぱい集まります。
まだ5名ほど空きがあるみたいなので、
ぜひどうぞ。

~~~~~~~~~~~~

 この日は一般営業は18:00ラストオーダー、19:00閉店です。
 19:30~21:00の予定で、ツルハシブックスオーナー・西田さんと
 HLC店主の対談&参加者の方との交流会的なイベントを行います。
 最長21:30までです。西田さんはとってもユニークな方なので、面白くなると思いますよ(^^)
 参加者の方はお気に入りの本を1冊持参していただき、自己紹介して下さい♪
 本好き、カフェ好きな方との新たな出会いも期待できますよ!
 オーナーへの質問などもお気軽にどうぞ!

 
参加費 ¥1000(特製ハヤシライス&ドリンク1杯付)
定員  15名(予約優先、空きがあれば予約なしで参加もOK)

http://happylifecafe.com/news/?page_id=712#collaboration  

Posted by ニシダタクジ at 07:56Comments(0)イベント

2011年10月29日

まちづくりdrinks in七尾

石川県七尾市。
金沢から60km離れたこの地に、
素敵な空間があることを知った。

まちづくりdrinks第3回。
テーマは「こどもとまちづくり」

保育士の先生を招いての
保育園の現状を聞く。

コミュニケーション。
現代社会において、いかに
コミュニケーションが減っているか、が明らかになった。

という真面目な話。
だが。
みんなすでに飲んでいる。

ビール持参。
地元の名店の焼き鳥と串かつ、コロッケ。

これがすでにトークの前に始まっている。
ほろ酔いで聞く熱いトークが素敵だ。

終わったあとには、なんと生ライブ。


こういうときに
クラシックはいいね。

アヴェ・マリアとかアメージンググレイスとか。
走馬灯のように人生が駆け抜ける
曲がつづき、僕も泣きそうになりました。

やっぱりクラシックをああいう空間で聞けるって素晴らしい。
人生に感謝できるよ。

今回、まちづくりdrinksに出て、
確信したのは、

主催者の意志と姿勢が、会場の空気を支配する、
ということ。

河田さんの「うちの実家」のときにも思ったけど、
河田さんあってのあの空間なのだなあと思った。

今回も森山さんの
意志とゆるい雰囲気が素敵な空間を作り上げていました。

僕が創りたいのは、どんな空間なのだろう。

ゆるく、ときに、熱く。
熱くなくてもいられる場所。

帰ったらスタッフと一緒に考えよう。
「どんな空間を創りたいのか?」  

Posted by ニシダタクジ at 04:37Comments(0)イベント

2011年09月07日

ことづけ

今週末、10日は地域仕事づくりチャレンジ大賞@田町・笹川記念館。
われわれ新潟は企業部門へのエントリー。
大学生部門は北信越ブロック代表の甲斐一生くんに
がんばってもらおう。

さて。
いつもそうであるのだが。

プレゼンテーションに臨むとき、
考えることは、
どんな問いを残そうか。
ということである。

優勝するとか、しないとかも
大切なのだけど、

その場に居合わせた誰かに、
神様から預かった「ことづけ」を手渡すために、
僕たちはその場にいるのだから、
どんな問いを発すればいいのだろうか。

おととし、宮澤くんは、
「地域活性化とは?」というお題にチャレンジし、
昨年、高橋くんは、
「未来を創るとは?」
という壮大な問いに挑んだ。

だから、今年もそんな問いに挑んでいきたいと思う。

昨日は内野の街をフィールドに動く大学生たちの研修。
「地域活性化とは?」をあらためて考えてもらった。

「地域活性化」というと、
なぜか、行政目線だったり、
外からの目線で物事を見てしまう。

たとえば、
駐車場がないから行きづらいとか、
入りづらい雰囲気があるとか、
スーパーより高そうだとか、
魅力的な商品がないとか、選択肢が少ないとか。

その課題を出発点に
「対策」を考えてしまうのが
間違いのスタートなのだと思う。

「どんな商店街だったら、行きたくなり、またリピートするのか?」

その問いに答えなければならない。
商店街がなくなっていないならば、
そこのお客さんは確かにいる。
彼らがなぜ商店街に行き、そしてリピートしているのだろうか。

大型スーパーではなく
商店街を選ぶ積極的な理由はなんだろうか?

そんな問いを発したとき、
商店街活性化の答えは、
駐車場の整備では決してないはずだ。

昨日、大学生が言っていたのは
魅力的な人とモノがあること。
このまちの一員である実感が得たい。

そうそう。
そういうことだよね。

そうだとすると、
意外に活性化のカギは、
行政や商店主そのものもそうだけど、
私たちひとりひとりが握っているのだと思う。

「地域活性化」は、
ひとりひとりの手の中にある。
と僕は思う。

10日に発表する沼垂商店街での
株式会社健幸食品とNPO法人伴走舎の
コラボレーション事例は、
その好例であると思う。

さあ。
全国の舞台で、
どんな問いを投げかけようか。

10日、東京・田町でお待ちしています。
大学生部門は9日、品川で開催です。
大学生は両方行くことを強くオススメします。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       ★☆★ 地域仕事づくりチャレンジ大賞 ★☆★
      ~地域×若者×挑戦=仕事づくり~

  「人が育ち、地域が育ち、仕事が生まれる。そして希望湧く未来へ」
  “仕事づくり”への仕掛け人、挑戦者が全国25地域から集結!
  学生、企業、自治体、大学、それぞれの立場で、学び、動き出す2日間。

     http://socialbusiness.etic.jp/award2011/ 
  ……………………………………………………………………………………
             1日目 2011年9月 9日(金) @コクヨホール
             2日目 2011年9月10日(土) @笹川記念会館
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

「人が育ち、地域が育ち、仕事が生まれる。そして希望湧く未来へ」

“地域仕事づくりチャレンジ大賞2011”は、
各地で地域課題に挑んでいる仕掛け人(企業経営者、自治体・大学関係者)
・担い手(学生、UIターンを考えている若手社会人)ら500名が集い、
地域づくりのリアルストーリー約20事例を共有し、ともに繋がり、
未来を創り出していく学びとアクションの場です。

「企業の新しい経営資源として、若者を戦略的に育成し続けるヒントとは?」 
「自治体として、いかに若者と企業と繋がり、地域の継続・自立化を目指すか?」
「地域の新たな担い手を育てる共通の基盤づくりへ、大学が出来ることは?」
「今は学生だけど、自分も“よそ者・ばか者・若者”として地域に関わりたい!」
 
全国各地で生まれている「地域×若者×挑戦」の事例をそれぞれの立場で
発信することで、地域発の日本の新しい仕事づくりの現場を示していきます。
事例からの学びを、それぞれの地域で共有し、活用していくための場を、
参加者の皆さんと共に考え、実践していく契機となることを目的としております。


┌─┬───────────────────────────────
│■│フォーカスポイント!
└─┴───────────────────────────────

【1】企業・自治体・大学が育てた、20以上の「若者×仕事」事例を知る!
…………………………………………………………………………………………
【学生部門】(全7事例)
 ◇関西代表(大阪府大阪市)◇
 『防災グッズの販促活動を通して、防災意識を普及。広がる安心と笑顔の輪』
  学生:谷 優子(同志社大学)/受入企業:オルウィン株式会社
 
 ◇九州代表(鹿児島県南さつま市)◇
 『平均年齢70歳の限界集落が「村ごとアート」を通じて、未来志向型集落へ』
  学生:上別府 晃佑(鹿児島国際大学)/
  受入企業:(特)エコ・リンク・アソシエーション

【企業部門】(全5事例)
 ◇沖縄県糸満市◇ 社会福祉法人トゥムヌイ福祉会
 『沖縄初、豚肉の6次産業・ブランディングまでを仕掛けた社会福祉法人が、
  若者を活用し、新しい福祉のイメージを目指す』

 ◇京都府京都市◇ (株)八代目儀兵衛 
 『町の老舗米屋の業績がV字回復!8代目経営者が仕掛けるお米ギフトの
  新市場。さらなる食文化の発信を目指し、若者と一緒に自社農園を展開中』

【自治体(地域)部門】(全5事例)
 ◇三重県尾鷲市・熊野市◇ 東紀州観光まちづくり公社
 『若者の育成にかける想いから、他団体との連携により、事業政策として
  インターンの受入を実現。UIターン希望の若者が増加中!』
  
 ◇岡山県西粟倉村◇ (株)西粟倉・森の学校 
 『新たな地域経営のカタチ:自立を選んだ村の林業の六次産業化への挑戦。
  森林ファンドで人口1600人の村に60人のUIターン雇用が誕生』

【大学部門】(全5事例)
 ◇石川県金沢市◇ 金沢大学 地域創造学類 地域プランニングコース
 『縁の力で地域を力づける人材を育成する。地域の仕掛人のもとに
  入り込み、現状把握、課題発見、提案作成のプロセスを実践的に学ぶ』

 ◇北海道小樽市◇ 小樽商科大学 商学部
 『地元企業や大人たちと協力し、学生が集まり・育つ環境づくりを。
  熱い想いで奔走する大学教授の挑戦』

 など、当日ご紹介する事例は、どの町にもありそうな地域の課題に
 若者が関わることで、大きな変化や成長を遂げたものばかり。
 では、若者は何に共感し、どうやって仕事の中で、自分の力を
 発揮していったのか?
 仕事を推進する原動力としての若者について、「企業/自治体/大学」など、
 地域を支える3つの組織の視点から事例をひも解きます。
 他地域にも応用できるヒントがいっぱいです!
 
 各部門別プロジェクト詳細については、こちらから
 ⇒http://socialbusiness.etic.jp/award2011/


【2】若者との仕事づくりに挑戦し続ける、当事者と会える!
…………………………………………………………………………………………
 当日は、全国25地域以上から、若者の力を、仕事づくりや、地域発の
 プロジェクトにつなげてきたプロのコーディネート団体、若者と共に
 新規事業に取り組んできた企業、地域のリソースを活用し人材育成
 カリキュラムを実施する大学、若者を育てる仕組み作りに取り組んで
 きた自治体関係者など、実践者が100名以上参加。事例を聞くだけ
 でなく、交流会では、ぜひ、全国的な、横のつながりを創る場として
 ご活用ください!


【3】被災地域での若者×仕事づくりの”いま”を知る!

…………………………………………………………………………………………
 3.11の震災により壊滅的な被害を受けた震災地域でも、地域のリーダーや
 若者たちが仕事づくりの原動力となり、人と人を繋げながら、
 新しいビジネスを始めています。
 当日は、被災地で活躍するリーダーをお呼びして、「被災地の現状と
 これからの仕事づくりについて」をお話頂きます。
 また、一緒に取り組んでくれる仲間を募集する予定です。


┌─┬───────────────────────────────
│■│こんな方々の参加をお待ちしてます!
└─┴───────────────────────────────

・地域で仕事をつくりたい、地域での挑戦を考えている方
・実践現場での人材育成に関心のある大学、教育機関関係者
・新しい事業を仕掛けたい、地域の企業、産業の現場の方々
・産業活性化、担い手育成の可能性を見出したい自治体等の方々


┌─┬────────────────────────────────
│■│イベント概要
└─┴────────────────────────────────
 ◇◆1日目◆◇
 日 時:2011年9月9日(金)13:00~17:00(開場12:30~)
 会 場:コクヨホール(東京都港区港南1丁目8-35)
     *品川駅港南口(東口)から徒歩2分
      http://www.kokuyo.co.jp/showroom/hall/access/
 参加費:無料
 定 員:250名
     
 ◇◆2日目◆◇
 日 時:
  -午前の部 2011年9月10日(土)10:00~12:00(開場9:30~)
  -午後の部 2011年9月10日(土)13:30~20:00(開場13:00~)
 会 場:笹川記念会館(東京都港区三田 3-12-12)
     *JR 田町駅(三田口)より徒歩8分
      都営地下鉄三田線 三田駅より徒歩6分 
      都営地下鉄浅草線 泉岳寺駅より徒歩3分
      http://www.sasakawahall.jp/location.html
 参加費:無料
 定 員:500名(但し、午前の部は各部門定員100名)

 主 催:ソーシャルビジネスエコシステム創出プロジェクト
     (事務局:NPO法人ETIC.)
     http://socialbusiness.etic.jp/


┌─┬────────────────────────────────
│■│プログラム
└─┴────────────────────────────────
 ◇9月9日(金)13:00~17:00   
1日目:学生部門ファーストステージ◇ 
  ※昨年度実施した、学生による「長期実践型インターンシップ」の
   取り組み、全国の400プロジェクトの中から、地域予選を経て選ばれた
   7プロジェクトの事例をプレゼンテーションを実施致します。
   翌日のセカンドステージに向け、会場投票により、上位2プロジェクトを
   選出させていただきます。

 ◇9月10日(土)10:00~12:00  
2日目午前:企業・自治体(地域)・大学部門ファーストステージ◇
  ※全国のコーディネート団体からの推薦をもとに、大学・自治体・企業が
   主体となって、若者と一緒に取り組んでいるプロジェクト(15事例)を
   選出させて頂き、プレゼンテーションを実施致します。
   午後のセカンドステージに向け、会場投票により、上位2プロジェクトを
   選出させていただきます。
    
 ◇9月10日(土)13:00~21:00  
2日目午後:学生・企業・自治体(地域)・大学部門セカンドステージ◇
  ※全部門のファーストステージから選出された上位2プロジェクト、
   計8プロジェクト事例のプレゼンテーションを実施し、
   会場投票により、「総合グランプリ」を決定致します。
  
  ☆19:00~21:00 マッチング交流会を開催!!☆

  詳細プログラムについては、こちらから
  ⇒http://socialbusiness.etic.jp/award2011/about/ 
 
 ◇当日参加・協力団体一覧◇
  合資会社neeth(北海道札幌市)/ピオネイロ(北海道札幌市)/
  株式会社デュナミス(宮城県仙台市)/NPO ハーバランス(山形県山形市)/
  株式会社明天(福島県会津若松市)/
  NPO法人ヒーローズファーム(新潟県新潟市)/
  株式会社御祓川(石川県七尾市)/
  株式会社まちづクリエイティブ(千葉県松戸市)/
  NPO法人ETIC.(東京都渋谷区)/
  横浜社会起業応援プロジェクト(神奈川県横浜市)/
  NPO法人東海道・吉原宿(静岡県富士市)/
  NPO法人アスクネット(愛知県名古屋市)/
  NPO法人G-net(岐阜県岐阜市)/NPO法人JAE(大阪府大阪市)/
  株式会社出藍社(大阪府大阪市)/
  NPO法人ユースビジョン(京都府京都市)/
  一般社団法人ノオト(兵庫県篠山市)/
  NPOエリアイノベーション(岡山県岡山市)/
  NPO法人学生人材バンク(鳥取県鳥取市)/NPO法人Eyes(愛媛県松山市)/
  株式会社巡の環(島根県隠岐郡海士町)/
  NPO法人てごねっと石見(島根県江津市)/
  株式会社南の風社(高知県高知市)/
  株式会社ハウインターナショナル(福岡県飯塚市)/
  株式会社ディカーナ(熊本県熊本市)/マチトビラ(鹿児島県鹿児島市)/
  有限会社ルーツ(沖縄県宜野湾市)/
 
 ◇連携大学一覧◇
  札幌学院大学/小樽商科大学/北海学園大学/札幌大学/山形大学/
  東北芸術工科大学/新潟経営大学/新潟青陵大学/金沢大学/法政大学/
  東京農業大学/名古屋大学/中京大学/愛知学泉大学/愛知東邦大学/
  名古屋市立大学/岐阜大学/太成学院大学/阪南大学/大阪経済大学/
  大阪商業大学/高知工科大学/鹿児島大学/鹿児島国際大学/志學館大学/
  琉球大学/沖縄大学/


┌─┬────────────────────────────────
│■│参加申し込み
└─┴────────────────────────────────
  下記URLよりお申し込みください。

  http://socialbusiness.etic.jp/award2011/join/

  ※定員に達した場合には、締め切らせていただくこともございますので、
   お早めにお申し込みいただけますと幸いです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【問合せ先】 ご質問・ご相談があればお気軽にご連絡ください。

  主 催:ソーシャルエコシステム創出プロジェクト
     (事務局:NPO法人ETIC.  担当: 渡辺・鎌田)
  〒150-0041 東京都渋谷区神南1-5-7 APPLE OHMIビル4階
  TEL:03-5784-2115 / FAX:03-5784-2116
  E-Mail:info@challenge-community.jp

※本プロジェクトは内閣府・地域社会雇用創造事業の採択を受けた、
「ソーシャルビジネスエコシステム創出プロジェクト」
(事務局:NPO法人ETIC.)の一環として、地域大学、団体関係者、大学生・
若手社会人へのインターンシップの事例の発信、普及・啓蒙を目的として
運営しております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  

Posted by ニシダタクジ at 06:21Comments(0)イベント

2011年08月31日

9月10日東京・田町で会いましょう

ついに今年もやってまいりました。
全国から地域×若者=仕事づくり
に取り組む人たちの祭典
「地域仕事づくりチャレンジ大賞」です。

昨年までは
地域若者チャレンジ大賞ということで、
若者の長期のインターンシップに
フォーカスしたイベントでしたが
今年は、企業・大学・行政部門なども
新設され、よりいっそう熱いイベントになってます。

我が新潟からは
新潟市の株式会社総合フードサービスが
企業部門にノミネートされております。
そして10日は私も登壇します。

また、昨年まで新潟にいた
大分・立命館アジア太平洋大学の
甲斐一生くんが、学生部門に
ノミネートされております。

この2つの事例とも
地域コミュニティを若者の力で
取り戻す事例として
たいへん魅力的なものとなっておりますので
みなさまのご来場をお待ちしています。

新潟から見に行っても、
それだけの価値がある、
たいへん胸の熱くなるイベントです。

ちなみに我が新潟は
2009年の第2回地域若者チャレンジ大賞で
宮澤拓さん×総合フードサービスの
金賞・共感賞のダブル受賞の実績があります。

ニッポンの新たなる一歩を
探す1日にしましょう。
9月10日、東京・田町で待ってます。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       ★☆★ 地域仕事づくりチャレンジ大賞 ★☆★
      ~地域×若者×挑戦=仕事づくり~

  「人が育ち、地域が育ち、仕事が生まれる。そして希望湧く未来へ」
  “仕事づくり”への仕掛け人、挑戦者が全国25地域から集結!
  学生、企業、自治体、大学、それぞれの立場で、学び、動き出す2日間。

     http://socialbusiness.etic.jp/award2011/ 
  ……………………………………………………………………………………
             1日目 2011年9月 9日(金) @コクヨホール
             2日目 2011年9月10日(土) @笹川記念会館
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

「人が育ち、地域が育ち、仕事が生まれる。そして希望湧く未来へ」

“地域仕事づくりチャレンジ大賞2011”は、
各地で地域課題に挑んでいる仕掛け人(企業経営者、自治体・大学関係者)
・担い手(学生、UIターンを考えている若手社会人)ら500名が集い、
地域づくりのリアルストーリー約20事例を共有し、ともに繋がり、
未来を創り出していく学びとアクションの場です。

「企業の新しい経営資源として、若者を戦略的に育成し続けるヒントとは?」 
「自治体として、いかに若者と企業と繋がり、地域の継続・自立化を目指すか?」
「地域の新たな担い手を育てる共通の基盤づくりへ、大学が出来ることは?」
「今は学生だけど、自分も“よそ者・ばか者・若者”として地域に関わりたい!」
 
全国各地で生まれている「地域×若者×挑戦」の事例をそれぞれの立場で
発信することで、地域発の日本の新しい仕事づくりの現場を示していきます。
事例からの学びを、それぞれの地域で共有し、活用していくための場を、
参加者の皆さんと共に考え、実践していく契機となることを目的としております。


┌─┬───────────────────────────────
│■│フォーカスポイント!
└─┴───────────────────────────────

【1】企業・自治体・大学が育てた、20以上の「若者×仕事」事例を知る!
…………………………………………………………………………………………
【学生部門】(全7事例)
 ◇関西代表(大阪府大阪市)◇
 『防災グッズの販促活動を通して、防災意識を普及。広がる安心と笑顔の輪』
  学生:谷 優子(同志社大学)/受入企業:オルウィン株式会社
 
 ◇九州代表(鹿児島県南さつま市)◇
 『平均年齢70歳の限界集落が「村ごとアート」を通じて、未来志向型集落へ』
  学生:上別府 晃佑(鹿児島国際大学)/
  受入企業:(特)エコ・リンク・アソシエーション

【企業部門】(全5事例)
 ◇沖縄県糸満市◇ 社会福祉法人トゥムヌイ福祉会
 『沖縄初、豚肉の6次産業・ブランディングまでを仕掛けた社会福祉法人が、
  若者を活用し、新しい福祉のイメージを目指す』

 ◇京都府京都市◇ (株)八代目儀兵衛 
 『町の老舗米屋の業績がV字回復!8代目経営者が仕掛けるお米ギフトの
  新市場。さらなる食文化の発信を目指し、若者と一緒に自社農園を展開中』

【自治体(地域)部門】(全5事例)
 ◇三重県尾鷲市・熊野市◇ 東紀州観光まちづくり公社
 『若者の育成にかける想いから、他団体との連携により、事業政策として
  インターンの受入を実現。UIターン希望の若者が増加中!』
  
 ◇岡山県西粟倉村◇ (株)西粟倉・森の学校 
 『新たな地域経営のカタチ:自立を選んだ村の林業の六次産業化への挑戦。
  森林ファンドで人口1600人の村に60人のUIターン雇用が誕生』

【大学部門】(全5事例)
 ◇石川県金沢市◇ 金沢大学 地域創造学類 地域プランニングコース
 『縁の力で地域を力づける人材を育成する。地域の仕掛人のもとに
  入り込み、現状把握、課題発見、提案作成のプロセスを実践的に学ぶ』

 ◇北海道小樽市◇ 小樽商科大学 商学部
 『地元企業や大人たちと協力し、学生が集まり・育つ環境づくりを。
  熱い想いで奔走する大学教授の挑戦』

 など、当日ご紹介する事例は、どの町にもありそうな地域の課題に
 若者が関わることで、大きな変化や成長を遂げたものばかり。
 では、若者は何に共感し、どうやって仕事の中で、自分の力を
 発揮していったのか?
 仕事を推進する原動力としての若者について、「企業/自治体/大学」など、
 地域を支える3つの組織の視点から事例をひも解きます。
 他地域にも応用できるヒントがいっぱいです!
 
 各部門別プロジェクト詳細については、こちらから
 ⇒http://socialbusiness.etic.jp/award2011/


【2】若者との仕事づくりに挑戦し続ける、当事者と会える!
…………………………………………………………………………………………
 当日は、全国25地域以上から、若者の力を、仕事づくりや、地域発の
 プロジェクトにつなげてきたプロのコーディネート団体、若者と共に
 新規事業に取り組んできた企業、地域のリソースを活用し人材育成
 カリキュラムを実施する大学、若者を育てる仕組み作りに取り組んで
 きた自治体関係者など、実践者が100名以上参加。事例を聞くだけ
 でなく、交流会では、ぜひ、全国的な、横のつながりを創る場として
 ご活用ください!


【3】被災地域での若者×仕事づくりの”いま”を知る!

…………………………………………………………………………………………
 3.11の震災により壊滅的な被害を受けた震災地域でも、地域のリーダーや
 若者たちが仕事づくりの原動力となり、人と人を繋げながら、
 新しいビジネスを始めています。
 当日は、被災地で活躍するリーダーをお呼びして、「被災地の現状と
 これからの仕事づくりについて」をお話頂きます。
 また、一緒に取り組んでくれる仲間を募集する予定です。


┌─┬───────────────────────────────
│■│こんな方々の参加をお待ちしてます!
└─┴───────────────────────────────

・地域で仕事をつくりたい、地域での挑戦を考えている方
・実践現場での人材育成に関心のある大学、教育機関関係者
・新しい事業を仕掛けたい、地域の企業、産業の現場の方々
・産業活性化、担い手育成の可能性を見出したい自治体等の方々


┌─┬────────────────────────────────
│■│イベント概要
└─┴────────────────────────────────
 ◇◆1日目◆◇
 日 時:2011年9月9日(金)13:00~17:00(開場12:30~)
 会 場:コクヨホール(東京都港区港南1丁目8-35)
     *品川駅港南口(東口)から徒歩2分
      http://www.kokuyo.co.jp/showroom/hall/access/
 参加費:無料
 定 員:250名
     
 ◇◆2日目◆◇
 日 時:
  -午前の部 2011年9月10日(土)10:00~12:00(開場9:30~)
  -午後の部 2011年9月10日(土)13:30~20:00(開場13:00~)
 会 場:笹川記念会館(東京都港区三田 3-12-12)
     *JR 田町駅(三田口)より徒歩8分
      都営地下鉄三田線 三田駅より徒歩6分 
      都営地下鉄浅草線 泉岳寺駅より徒歩3分
      http://www.sasakawahall.jp/location.html
 参加費:無料
 定 員:500名(但し、午前の部は各部門定員100名)

 主 催:ソーシャルビジネスエコシステム創出プロジェクト
     (事務局:NPO法人ETIC.)
     http://socialbusiness.etic.jp/


┌─┬────────────────────────────────
│■│プログラム
└─┴────────────────────────────────
 ◇9月9日(金)13:00~17:00   
1日目:学生部門ファーストステージ◇ 
  ※昨年度実施した、学生による「長期実践型インターンシップ」の
   取り組み、全国の400プロジェクトの中から、地域予選を経て選ばれた
   7プロジェクトの事例をプレゼンテーションを実施致します。
   翌日のセカンドステージに向け、会場投票により、上位2プロジェクトを
   選出させていただきます。

 ◇9月10日(土)10:00~12:00  
2日目午前:企業・自治体(地域)・大学部門ファーストステージ◇
  ※全国のコーディネート団体からの推薦をもとに、大学・自治体・企業が
   主体となって、若者と一緒に取り組んでいるプロジェクト(15事例)を
   選出させて頂き、プレゼンテーションを実施致します。
   午後のセカンドステージに向け、会場投票により、上位2プロジェクトを
   選出させていただきます。
    
 ◇9月10日(土)13:00~21:00  
2日目午後:学生・企業・自治体(地域)・大学部門セカンドステージ◇
  ※全部門のファーストステージから選出された上位2プロジェクト、
   計8プロジェクト事例のプレゼンテーションを実施し、
   会場投票により、「総合グランプリ」を決定致します。
  
  ☆19:00~21:00 マッチング交流会を開催!!☆

  詳細プログラムについては、こちらから
  ⇒http://socialbusiness.etic.jp/award2011/about/ 
 
 ◇当日参加・協力団体一覧◇
  合資会社neeth(北海道札幌市)/ピオネイロ(北海道札幌市)/
  株式会社デュナミス(宮城県仙台市)/NPO ハーバランス(山形県山形市)/
  株式会社明天(福島県会津若松市)/
  NPO法人ヒーローズファーム(新潟県新潟市)/
  株式会社御祓川(石川県七尾市)/
  株式会社まちづクリエイティブ(千葉県松戸市)/
  NPO法人ETIC.(東京都渋谷区)/
  横浜社会起業応援プロジェクト(神奈川県横浜市)/
  NPO法人東海道・吉原宿(静岡県富士市)/
  NPO法人アスクネット(愛知県名古屋市)/
  NPO法人G-net(岐阜県岐阜市)/NPO法人JAE(大阪府大阪市)/
  株式会社出藍社(大阪府大阪市)/
  NPO法人ユースビジョン(京都府京都市)/
  一般社団法人ノオト(兵庫県篠山市)/
  NPOエリアイノベーション(岡山県岡山市)/
  NPO法人学生人材バンク(鳥取県鳥取市)/NPO法人Eyes(愛媛県松山市)/
  株式会社巡の環(島根県隠岐郡海士町)/
  NPO法人てごねっと石見(島根県江津市)/
  株式会社南の風社(高知県高知市)/
  株式会社ハウインターナショナル(福岡県飯塚市)/
  株式会社ディカーナ(熊本県熊本市)/マチトビラ(鹿児島県鹿児島市)/
  有限会社ルーツ(沖縄県宜野湾市)/
 
 ◇連携大学一覧◇
  札幌学院大学/小樽商科大学/北海学園大学/札幌大学/山形大学/
  東北芸術工科大学/新潟経営大学/新潟青陵大学/金沢大学/法政大学/
  東京農業大学/名古屋大学/中京大学/愛知学泉大学/愛知東邦大学/
  名古屋市立大学/岐阜大学/太成学院大学/阪南大学/大阪経済大学/
  大阪商業大学/高知工科大学/鹿児島大学/鹿児島国際大学/志學館大学/
  琉球大学/沖縄大学/


┌─┬────────────────────────────────
│■│参加申し込み
└─┴────────────────────────────────
  下記URLよりお申し込みください。

  http://socialbusiness.etic.jp/award2011/join/

  ※定員に達した場合には、締め切らせていただくこともございますので、
   お早めにお申し込みいただけますと幸いです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【問合せ先】 ご質問・ご相談があればお気軽にご連絡ください。

  主 催:ソーシャルエコシステム創出プロジェクト
     (事務局:NPO法人ETIC.  担当: 渡辺・鎌田)
  〒150-0041 東京都渋谷区神南1-5-7 APPLE OHMIビル4階
  TEL:03-5784-2115 / FAX:03-5784-2116
  E-Mail:info@challenge-community.jp

※本プロジェクトは内閣府・地域社会雇用創造事業の採択を受けた、
「ソーシャルビジネスエコシステム創出プロジェクト」
(事務局:NPO法人ETIC.)の一環として、地域大学、団体関係者、大学生・
若手社会人へのインターンシップの事例の発信、普及・啓蒙を目的として
運営しております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  

Posted by ニシダタクジ at 06:40Comments(0)イベント

2011年08月11日

働くことは生きること

オーストラリアにワーキングホリデーに行った。
大自然の中で大規模な農業に従事。
正直、日本に帰りたくないと思った。

働き方。
これは大きなテーマだ。

昨日、長岡の市民センターで
「就職しないという働き方」
をテーマに、講演とディスカッション。

主催団体が
国際的な視点を持っているので、
海外経験者が複数名参加していた。
そのときの一言だった。

働くことは生きること。
「生きてるぜ」

そう思える瞬間のために、働きたい。
これが彼らの本音だ。

これがなければ生きられない。
そういう何か、を見つけること。
そんな日々を歩んでいくのだろう。

小学校5年のとき。
スクールウォーズが生んでくれた問い。
人は何のために生きているのか?

そんな問いを多くの人が持ち、
そして自問自答しているのだろう。

メシを食うために働くのではなく
生きるために働きたい。
それが本音だと思った。

ひとりひとりが「生きる」ことに
正面から向き合ったとき、
社会も、経済も、人生も大きく変わっていく。  

Posted by ニシダタクジ at 08:22Comments(0)イベント

2011年07月15日

テーマを持つ

大学生の特権。
それは、話を聞きたい人に
会いにいけるということ。

「★★大学の※※ですが、お話をお聞きしたい。」
というと、超忙しい人でない限りは
会うことができる。

ツイッター時代の今なら
なおさらそうだ。

しかし。

問題はここから。
「テーマがあるか?」
ということ。

会って、話を聴く。
そこにテーマがあるか?

ココが大切だ。
テーマがないと、単なる雑談になってしまう。

「好きな食べ物はなんですか?」

と聞かれてもそれが大学生の
何の役に立つのか分からない。

テーマをもつ
テーマに対して、人に会いに行く。
何かを発見し、さらなるアクションを起こす。

そうは言われても、
そのテーマがないんだよ、と言われるかもしれない。

テーマを持つ方法は?

と聞かれたら、

本を読む
イベントに出る
人に会いに行く

そんなことが思い浮かぶだろう。

この3つは全て、
「テーマを持つ人に出会う」ということだ。

本はなんらかのテーマに沿って書かれているし、
イベントにもコンセプトやテーマがある。

そんなテーマを持つ、ための
この夏のチャレンジ、
それが「内野留学」だ。

テーマを持つ大人に会いに行く。
そこから自分のテーマを見つけていくきっかけをつかむ。

本日より3日間
ウチノ・コラボレーション・ラボラトリーにて
説明会を開催しています。
詳しくは以下。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この夏、地域を熱くするプロジェクト「内野留学」
に参加しませんか?

「内野留学」は、夏休みの期間中に
約20日間、地域に入り込み、
仲間と共にチャレンジする取り組みです。

「目標」を立て、「振り返り」をして、
「本気」になれる瞬間がそこにあります。
あなたも内野留学を出発点に
輝く社会人への第一歩を踏み出してみませんか?

プロジェクト①【内野DE八百屋プロジェクト】
新潟市西区は、農業地帯としても有名です。
こだわり農家さんの素顔に迫り、
彼らの思いを伝える八百屋を運営するプロジェクトです。
美味しくて新鮮な野菜が食べられます!
フィールド:内野駅前「ツルハシブックス」

プロジェクト②【世代をつなぐ!古本市プロジェクト】
秋に予定される「世代をつなぐ!!古本市」に向けて、
思いのある大人からメッセージ付きで
古本を寄贈してもらうプロジェクトです。
大人の熱い思いに触れられます!
フィールド:内野周辺、新潟市内企業

プロジェクト③【人柄がいい!内野HITOGARAマッププロジェクト】
商店街での買い物。
その魅力はなんといっても人柄!
商店の皆さんの笑顔の秘密に迫り、
それをマップ化して秋に配布します。
魅力ある商店を回って、話を聞けます。
フィールド:内野駅前商店街

【期間】
8月8日(月)~9月25日(日)
のうち、20日間程度。

【参加費】
参加費用はかかりません。

【説明会】
詳しい説明を聞きたい!という方はこちら。

7月15日(金)
第1回 16:00~17:00
第2回 18:00~19:00
第3回 20:00~21:00

7月16日(土)※八百屋開催日
第1回 10:00~11:00
第2回 14:00~15:00
第3回 16:00~17:00

7月17日(日)
第1回 10:00~11:00
第2回 14:00~15:00
第3回 16:00~17:00

集合場所:内野駅前 ウチノ・コラボレーション・ラボラトリー
連絡先:西田携帯 090-4013-0014   

Posted by ニシダタクジ at 06:33Comments(0)イベント