プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2008年05月02日

チャレンジの場

東京・表参道新潟館「ネスパス」
にやってきました。

館長の後藤さんは巻の人。
おやじ万博の原型となる
「ひとり一芸一講座」を6年ほど前に考えた人。

この春からネスパス勤務になりました。
相談はズバリ、里帰りインターンについて。
新潟出身で東京にいる大学生に
里帰りして新潟のベンチャー企業でのインターンするというのが、
ありえるかどうか?

人口流出の最大の理由は、
「仕事がない」ことだというのが常識らしい。

本当にそうだろうか。
大学生と接していると、
「チャレンジの場」が東京にしかないと思い込んでいるのが
原因である気がする。

チャレコミで全国の学生達と接していると、
「挑戦したい」「地域を元気にしたい」と思っている学生が
一定数いるということを実感する。

チャレンジの場は地方にもある。
いや、地方にこそ、さらなるクリエイティブさが
求められるチャレンジの舞台があるのだ。

それをどのように伝えていけるか。
そこにUターン者増加のポイントがある気がする。

今日のぷっちー
23/30達成。

今日の気づき
昨日、ETICに行ったときに「ぷっちーってなに?」
って聞かれたので説明します。

ぷっちーとは?
プチ自信革命隊の略称です。
30日間自分で決めたことをやり続けることで
自信を育んでいくプログラムです。
インターン生は全員が取り組んでいます。

とにかく!!
効果がハンパないっす。
運がついてきます!!  

Posted by ニシダタクジ at 05:39Comments(0)就職