プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2008年05月22日

1冊の本で人生は変わる

本屋に行こう。
新しい人生は本屋に転がっている。
「本屋の滞在時間が少なくなった」
と本屋さんは言う。

売れる本の多くはメディアで取り上げられた本。
いわゆる目的買い。
目指す本を買って、終了。

ここに大きな危機感を覚える。
「必要な情報はすでに得ている。」
と思っているのではないかと思う。

インターネット常時接続が田舎にも普及したのが
2002年~2003年ごろだったと思う。
今の大学1年生は当時、中学生。
知りたい!学びたい!と思う真っ只中。

それ以来。
多くの人は情報の洪水にさらされている。

気がつくとYAHOOトップページの
どうでもいいようなニュースをクリックしてる。
「お笑い芸人が万馬券を当てる」とか
知る必要もないようなニュースまでインプットされていく。

「必要な情報はすでに得ている。」
という感覚。これは大きな間違いだと思う。

マスメディアに乗っかっている情報は
本当に一部の限られ、かつ編集された情報であり、
すべての情報がそこから得られるわけでは決してない。

情報のチャンネルをたくさん持つことが必要だ。
そのひとつが本屋さん。

本には、著者が人生を賭けて学んだことが
わずか1000円前後で売られている。

そんな中に、もしかしたらあなたが必要とする本があるかもしれない。

僕が大学2年生のとき。
深い深い悩みの底から這い上がることができたのは、
1冊の本がくれた、小さなアクションのきっかけだった。

「本屋には、新しい人生が転がっている」

☆今日のぷっちー☆
43/60 達成
ビジネスホテルのトイレはいつもキレイですごいです。

今日の一言
本日から「おやじ万博」チームがふたたび始動します。
まずはポスター作りです。
私が不在の中でもリーダーあきのんがバリバリ仕切ってくれてます。
その責任感がすごいです。実行委員メンバー募集中です。  
タグ :新しい人生


Posted by ニシダタクジ at 06:56Comments(0)