プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2008年06月03日

覚悟するということ

松崎くんが作った
企業向け7月のイベント資料に、心を打たれた。

就職活動を通して学んだこと。
働くことに対する「憧れ」を「覚悟」に変える。
それによって社会に出てからの働きは大きく異なる。

「覚悟する」ということ。
何かを成し遂げようと思ったら、必ずしなければいけないこと。

憧れだけではなく、覚悟すること。
多くの人が社会人になるときに通る道かもしれない。
しかし、早ければ早いほどいい。

イチローは小学生のときにすでにその覚悟ができていた。
遊びを犠牲にしてでも、オレはプロ野球選手になるんだと覚悟を決めた。

「憧れ」を「覚悟」に。
そこが出発点だ。

☆今日のぷっちー☆
54/60 達成
また事務所に人が集まってくるようになりました。

今日のひとこと
「仕事をやりきる」という覚悟を決めた松っちゃん。
また夜事務所に帰ってきてひとりで企画書をつくっていました。
誰もいなくてもやる。ひとりでもやる。
なかなかできることではないと思う。
また階段を登り始めたみたいだね。素晴らしい。  

Posted by ニシダタクジ at 04:58Comments(0)イベント