プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2008年08月28日

お店の人に話しかける

ひとりで食べに行ったとき。
ものすごく美味しかったらどうするか?
会計のときに、
「すごく美味しかったです。ごちそうさまでした。」

カウンターに座っていれば、
できれば食べているときに話しかけたい。
こうやってコミュニケーション能力が育っていく。

お店の人と仲良くなれるかどうか?
これはかなり重要だ。

カフェなどの場合、
あんまり仲良くなりすぎると、
落ち着いて本とか読めなくなるので
ほどほどに。

昨日も高崎の名店「池田屋」で
ささみソースカツ丼なるメニューを食べて超感動した。

帰り際に
「すごくおいしかったです。ありがとうございました。」
と言う。
そうするとお店の人が喜ぶ。

そうすると次の人への接客がよくなる。
一見さんでも、お店にいい影響を与えることができる。

そして、こちらは度胸とコミュニケーション能力が
鍛えられていく。

それってやっぱりいいでしょう。
「ひとりで外食して、美味しい感動を伝えよう」

なんか、中谷彰宏の本みたいな締めです。

☆今日のひとこと☆
僕も中村さんもいなくても、
松ちゃんが事務所にいれば、安心です。
昨日もETIC.から電話があって、
「事務所に松崎がいるんで聞いてください。」って言っちゃいました。
なんだかすごくうれしいです。松ちゃんありがとう。  


Posted by ニシダタクジ at 05:55Comments(0)