プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2008年09月04日

根っこ

「価値判断を他人や世間に任せない」
「自分の頭で価値を考える」
「その価値に向かって自分で道を切り拓く」

そんな人材を育てたい。
それは10年前から変わっていないのかもしれない。

昨日の伊藤君との早朝パン屋ミーティングで
そんなことに気がついた。

まきどき村での
農作業や地元のばあちゃんたちとのふれあいを通じて
本当の豊かさ、幸せってどんなことなんだ?
と問いかけたかった。

おやじ万博で
地域の多様な大人と触れ合うことによって、
幸せのカタチは100万通りあるということを伝えたかった。

起業家留学で
志を持ち、ビジネスの世界で挑戦している社長に出会い、
働くという手段で自己表現をし、挑戦する人生のまぶしさを伝えたかった。

すべての根っこは、
そこにあったのかもしれない。

自分の頭で考えて、
価値判断ができる人材の輩出。

大学時代に取り組んでいた
環境問題の根本原因がそこにあると思った。
もっと幸せについて、豊かさについて、
ひとりひとりが真剣に考えることしかないと思ったから。

自分自身にとっての幸せや豊かさ、
輝ける場所を見つけていくこと。

そんなきっかけの場をたくさん生まれたら、
人はもっと輝いて生きるようになる。
世の中に希望があふれてくる。

☆今日のひとこと☆
ますや食堂を10名のメンバーが埋め尽くしました。
キングオブランチ、肉チャーハン。
星野くんと瀬沼さんがラブレター大作戦をがんばっている姿に
胸を打たれました。
  

Posted by ニシダタクジ at 07:20Comments(0)足跡