プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2008年11月22日

安全を求めすぎない

和田中の藤原和博前校長
のお話を聞く機会に恵まれました。
アイデアがすげーって思いました。

「学校は保守的だ」
と言われていることに対して、
「先生は本当はチャレンジしたいんだ」
って言ってました。

それを阻害する要因の一番は
保護者をはじめ、学校をとりまく環境が
「安全」を求めすぎていること。

「なにかあったらどうすんだ?」

という伝家の宝刀を抜いてしまうと、
新しいことは何も始まりません。
挑戦が起こらなくなります。

挑戦が起こらないということは、
浅い経験しかできないということです

中学生にどんな大人になってほしいのか?
と本気で問えば、
より深い経験が必要なことは明らかなのに。

責任をとりたくないから。
なんていうくだらない理由で挑戦が起こらないとしたら。
それはすごく残念なことだと思います。

「安全」を求めすぎると挑戦が起こらない。
挑戦が起こらないと、深い経験ができない。

大学生の皆さん。
安全を求めすぎていませんか?  

Posted by ニシダタクジ at 06:32Comments(0)思い