プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2008年12月31日

ひとりで見る初日の出

1年の計は元旦にあり。
その元旦をどうすごすか?

1997年、1998年、2002年。
翌年の初日の出を見るため、
僕は、稚内を目指していた。

青春18きっぷを握り締めた旅。
初年度こそ、清平、吉川という相棒と
旭川でランデブーして稚内を目指したが、
翌年と2002年はひとり旅だった。

あの。
宗谷岬で見る初日の出は
やっぱり最高だ。
といっても、実際は吹雪で何も見えない。
ただただ、気合が入るだけだ。

稚内駅前の旅館「さいはて」に
ひとりで泊まり、年越しそばはどん兵衛だ。

JR各駅停車で行くと往復5日かかる。
東日本北海道パスなら1万円で
青森‐札幌の夜行にも乗れるぞ。

その往復の膨大な時間の中で
1年間を振り返る。
そして20数年間の人生を振り返る。
来年、どう生きるのか?決意する。

そんな初日の出をすごしてはいかがだろうか?

元旦の 車窓を包む 銀世界
今年はどんな 色に染めよう
(1999年1月1日 急行サロベツにて)  

Posted by ニシダタクジ at 06:10Comments(0)足跡