プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2009年03月04日

東京に行くので会いませんか?

アポイントのとり方。
この前知り合ったばかりの人と
もう少し話が聞きたい。
仲良くなりたい。

東京のイベントでせっかく会っても、
なかなか会う機会はないから、
「今度またお会いしましょう。」なんて
メールを送っても、あまり実現性がない。

3ヶ月以内に、また会いに行く。
ここがポイントだ。

僕は大学時代、
先日お会いしたjobwebの佐藤孝治さんらが
運営していたバー「狐の木」(現在は閉店)の
飲み会に、毎月、参加していた。

コミュニケーションは密度ではなく回数の言葉どおり。
何度も会っていると、自然と知り合いのようになる。
しかも飲み会でも「新潟から来ました。」とか
自己紹介するとインパクトがあるので、いい。

近くにいると、会いに行く理由が難しい。
年配の人や大物に会いに行くときは、
「相談に乗っていただきたい。」がいい。

東京でそれをやるには、
「東京に行くので、ランチでもいかがですか?」
はいいと思う。

そう考えると。
「東京に行くので」という理由付けは、
かなり強烈だ。
1年に何回もないチャンスのように思える。

これが東京の人同士なら
「その日は忙しくて、また落ち着いたら。」
みたいな会話になって、
結局会えずじまいになることも多い。

新潟のみなさん。
理由付けは「東京に行くので」で
大丈夫です。
どんどんアポイント入れて、新しいネタを拾ってきましょう。  

Posted by ニシダタクジ at 07:12Comments(4)アイデア