プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
オーナーへメッセージ

2009年04月26日

機会提供に価値がある

昨日。
本気学生見本市。
チャレンジする若者たちを
1年生に見せたいと熱い思いで開催。

僕は
野菜直売があったので、飲み会から参加。

参加者とゲストの
キラキラした姿が印象的だった。

「何かが変わった。」

そんな空気がただよっていた。
高崎さんをはじめ、
スタッフが創り上げた場は
とても素晴らしいものとなっていた。

機会提供そのものに価値があると僕は思う。

その機会を提供して、チャレンジを始めたから、
やっぱりやってよかったと思うばかりでなく、

そのきっかけになるかもしれない
イベントを開催するということは
それだけで価値があるものだと思う。

宮澤くんが言ってくれた。
「ヒーローズファームのおかげです。」

でも。
僕は特に何もやっていない。
機会を提供しただけだ。
その機会をつかんだのは宮澤くんだ。

教える、とか導く
のではなく、「機会を提供する」

それだけで価値があるのではないだろうか。

機会をひたすら提供していく職人のような
チームになりたいな。  

Posted by ニシダタクジ at 14:23Comments(0)イベント