プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2009年04月10日

記念日を持つ

4月10日。
記念日がやってきた。

10周年だ。
1999年4月10日土曜日。
旧巻町の温泉施設、じょんのび館の脇に
荒れ地があった。

まきどき村。

農業をもっと身近に感じてもらう。
種まきから収穫体験までをセットで経験してもらう。
畑作業を通じて、参加者同士に交流してもらう。

なんだか。
今やっている農家ファンクラブと趣旨がかぶっている気がしているが。

24歳だった僕の大いなるチャレンジだった。
ビジネスセンスがない僕は、
いまだにまきどき村をビジネス化していないけど。

今思うと、ひとつのアートだったんだろうなって思う。
歌うたいが歌を歌うように。
絵描きが絵を描くように。
僕はまきどき村という空間と時間を創りたかった。

いま。
まきどき村には、「つながっている」幸せが体感できる
空間と時間が実現している。
「人生最高の朝ごはん」が確かにここにある。

1999年4月10日。
僕が土日休みの人生に別れを告げた日。
「これで、まともな就職はなくなった。」
そう決意した日。

大切な、大切な記念日。
今日もあっという間に過ぎてしまうけど。

僕は。
あの日の僕に、心から感謝します。

ステキな人生をありがとう。

ありがとう。  

Posted by ニシダタクジ at 06:09Comments(0)足跡

2009年04月09日

自分が、変えよう

世界を変える力は
ひとりひとりの中にある。
必ずある、と僕は思っている。

リクルートが8日発表した
就職希望企業ランキングで
ソニーやトヨタが急落。

上位を
JR東海、東日本、そして全日空が占めた。
つぶれない会社。
運輸業界。

寄らば大樹。
なんですね。

一部の大会社や公務員になった人だけが
勝ち抜ける社会って、
なんだかとってもさびしく思う。

トヨタやソニーを
背負って立つ人材はいないのか?

いや。
きっといるはず。

ランキングに出てこないけど、熱い男たち。

世界を変える力はひとりひとりに必ずある。

この手で、次の時代を創ろう。  

Posted by ニシダタクジ at 07:01Comments(0)就職

2009年04月08日

背負うのはニッポン

98年当初。
大学4年~大学院1年。
東京で熱い会話が飛び交っていた。

いちばんヒットしたのは
「熊本にはオレがいる。」
と名台詞を残した熊本の熱い男だった。

そう。
次のニッポンをどう創るか?

それを真剣に考えたとき。

東京だけに面白くて元気で
パワフルな若者が集まっていたら
ダメなんじゃないか、って率直に思った。

それぞれの地方地方で
熱い若者が集い、夢を語り、
チャレンジし、実現していく、
そんな地方を創らなければいけないんじゃないか。

自分が果たすべき役割は、
ニッポンの一員として、
新潟を最高のまちにしていくことだと。
あのときに確信した。

昨年も15歳~24歳の社会減(転入と転出の差)
が4755人だった。
地方都市からの人口流出がとまらない。

「将来は地元に帰ってがんばります。」
と言ってくれた大学生も数多くいる。

チャレンジの舞台はどこにあるのか?
僕は地方社会にこそ、チャレンジの舞台があると思う。

東京での仕事は若者中心で、
地域のおじいちゃんと一緒に何かを
作り上げるなんてビジネスはまずありえない。

いろんな人の特技や知識を
活かしながら、それをビジネスにつなげていく。
そのほうがはるかにクリエイティブではないかと思う。

背負うべきは、次のニッポン。
そのためには、地方がそれぞれ、
魅力ある都市になる必要があると僕は思う。

チャレコミ
(チャレンジコミュニティ創生プロジェクト)
はまさに、次のニッポンをどうするか?
と問いかける集まりなのだ。

全国のライバルたちに
負けない新潟を僕たちは創っていく。

がんばれ、ニッポン。  

Posted by ニシダタクジ at 06:31Comments(0)思い

2009年04月07日

怪しさを突き抜けろ

オウム真理教事件以来。
「怪しい」
「宗教っぽい」という定義で
否定的な見方をされる団体は多い。

特にまじめな活動をやっている人たちにとって、
「宗教っぽい」と評されることは
とてもつらいことだと思う。

前提として
「宗教=悪」の構図を変えないと
どうしようもないことなのであるが。

そんな宗教っぽくない軽薄な
団体だけのキャンパスライフが楽しいのか、
はなはだ疑問だ。

しかしながら。
そんなことを言っていても、
新入生勧誘合戦はすでに始まっている。

ということで。
僕が思うのは、
「怪しさを突き抜けろ」大作戦。

とことんまで怪しさを突き抜けて
もっと怪しくいく。

怪しくなりすぎると、
「ダサく」なるので、
そうすると安心感がでる。

「ダサさ」はホッとする。

よりダサく、より怪しく。
突き抜ける喜び。

BMWみたいになってきました。  

Posted by ニシダタクジ at 07:06Comments(0)アイデア

2009年04月06日

いろんな世界の人に会う

木曜日金曜日と
日本を代表するクラウン(道化師)の
大棟さんの講演を聞く。

木曜日の夜は
打ち上げでお医者さんたちと語る。

土曜日は中原農園を訪問し、
中原さんの思いにまた胸が熱くなる。

昨日は朝ごはんで
野菜ソムリエ木村さんと
アー・アッラ・ゼータのシェフの方に会う。

それぞれの世界。
それぞれの道。

そんなのを感じていたら、
もしかしたら自分の進む道のヒントが
あるかもしれません。

人生に迷っていたら、こっちにおいで~。  

Posted by ニシダタクジ at 07:21Comments(0)学び

2009年04月05日

日々、想いを感じて

中原さんを訪問。
前回の訪問のヒアリングをまとめたブログを
プリントして渡す。

涙。

涙。

僕たちも胸が熱くなる。

なんて素晴らしい瞬間に
今日も立ち会ったのだろう。

日々、想いを感じて。
想いを背に。

農家ファンクラブを僕たちは創ります。
応援したい中原さんがここにいるから。  

Posted by ニシダタクジ at 05:50Comments(0)

2009年04月04日

ビーアクラウン

「ホスピタルクラウン」の
日本の第一人者、大棟耕介さんの講演会
に行きました。

とにかく面白くて、
あっというまの1時間半でした。

20代の皆様へのメッセージはこれ
「ビーアクラウン」(クラウンになろう)

クラウンとは、空気を創る人。
落ち込んでいる空気を上向きにできる人。
無理やりにでも声を出させ、体を動かし、
テンションをあげる人。

そんなクラウンの要素をあなたも入れることができます。

1 相手を見る
相手が何をしたいのか、
次に何をしようとしているか、
わかるくらい相手を観察する。

有名ホテル、リッツカールトンでは、
トイレを探していると、
「トイレどこですか?」と聞く前に、
トイレはこちらです、と案内される。

喫茶店のマスターなら、何も言わなくても
アイスコーヒーを出すくらいに相手を観察することだ

2 見られるという意識をもつ

みんなが自分を見ている。
自分は見られている。
その意識を持つことによって、

3 魅せる、カッコつける

フリをしていく。
自分がどう見られたいかを意識し、それをやっていく。
内面からではなく、外見から変えていく。
意識しなくなったときに内面が変わる。

4 テンションを合わせる

相手のテンションに合わせる。
そしてテンションを徐々に上げていく。

5 大げさ

コーチング手法のひとつ。
大げさに何でも聞いてみせる。
相手が気分よく話すようになる。

うんうん。
やっぱりクラウン流ってステキです。  

Posted by ニシダタクジ at 07:17Comments(0)学び

2009年04月03日

自分の体は自分でダマせる

ホスピタルクラウン
大棟耕介さんのワークショップで
こんなエッセンスをいただいた。

「自分の体は自分でダマせる。」

ナチュラルキラー細胞というのを
ご存知だろうか。
がん細胞を死滅させていく細胞。
人間の体にもともと備わっている力。

「笑い」によって
そのナチュラルキラー細胞は
活性化するのだという。

つまり。
よく笑っている人はがんになりにくい
ということだ。

これには面白い実験結果がある。

吉本新喜劇のようなお笑いを見せて、
測定したときと、
壁に向かって、何も面白くないのに、
「わっはっは」と声を出して笑ったときに測定
したのと、

ナチュラルキラー細胞の活性は同程度だったということだ。

つまり。
笑いたくなくても笑っていると
ナチュラルキラー細胞は活性化するということだ。

体って複雑でもあり、意外と単純。

「自分の体は自分でダマせる。」

健康のために、意味がなくても笑顔を。  

Posted by ニシダタクジ at 10:08Comments(2)学び

2009年04月02日

チャンスをつかめる人

イベントで
今日出会ったばかりの人に
「明日、こんなのがあるんだけど。」
と言われて、そのイベントに行ったことはあるだろうか?

こんな面白い人がいるんだけど。
と言われて、すぐに連絡を取って
会いに行ったことがあるだろうか。

そんな人に最近よく会う。

思わず
「あなたはチャンスをつかめる人だ」
と言ってしまう。

本当にそう思う。
チャンスをつかめる人。
それは乗っていける人。

だまされているかもしれないけど、
まあ、だまされてもいいかな、と思える人。

すげー大事。  

Posted by ニシダタクジ at 06:55Comments(0)

2009年04月01日

それぞれがチーム

東京・四谷。
毎月1回の営業会議。

ディズニーランドの感動の実話を集めた
「最後のパレード」が現在ブレイク中。
http://www.sanctuarybooks.jp/parade/

みんなも、
かなりの忙しさの中で営業をしていることが伺える。

そして、
1冊の本の営業を通して、
ひとりひとりがどんどん変わっていくのを実感する。
1ヶ月前から見たら、別人のように頼もしく思えた。

この人たちの気迫に、自分は応えられているのだろうかと
自分の取り組む姿勢をもう一度見つめなおした。

どんどん先に行かれている。
営業スキルも、魂も。
そんなふうに思った。

人は、いくつものコミュニティに属している。
そしてそれぞれで役割を演じている。

そのそれぞれのコミュニティを
「チーム」だと思えるかどうか。
「パートナー」だと信じられるかどうか。

チームの一員として何ができるのか?
どんな役割を果たさなければいけないのか?

4月に発売される新刊から一文を拝借します。

「わたしは、なんのために、ここにいるのか?」

これを常に確認していきたい。  

Posted by ニシダタクジ at 07:21Comments(0)チーム