プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2009年05月22日

答えはないと知る

平井堅が
歌っていたっけ。

答えなどどこにもない。
誰も教えてくれない。
その事実に、いつ気づくのだろうか。

学校生活の中で。
僕たちは答えがあると思わされている。

そして、その答えに早くたどりつく方法を
徹底的に体得する訓練を積んでいる。

しかし。
答えはないのだ。
正解のない時代なのだ。
それをいつ人は知るのだろうか。

僕は答えがあると思っていた。
農家をめぐっているときも、
自分に合った農法、納得ができる農法が
あると思っていた。

「自然農」にたどり着いた。

そこに、マニュアルはなかった。
「その雑草を刈るべきか、残すべきか、畑に立つと自然とわかるようになる」

「答えはない」
それが答えだった。

ひとつの旅が終わり、新たな旅が始まった瞬間だった。
いつ、人は知るのだろうか。答えはないということを。  

Posted by ニシダタクジ at 06:39Comments(0)学び