プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2009年10月28日

岩崎くん

新潟国際情報大学4年
岩崎哲也さん。

就職活動サイトに載っていました。
http://www.niigata-job.ne.jp/2011/oyaku/zadan/kennai.html

昨日は、情報大のゼミ担当の吉田先生に
岩崎くんの話を聞いた。

岩崎くんと言えば。
星野くんが尽力した、
第1回 社長に挑戦セヨ!!
の中での一番の成長株。

あの日の涙から1年。
見事に県内金融機関に内定し、
新潟の地に貢献しようとがんばっている。

先週の土曜日の新潟日報にも、
学園祭での焼き芋出店が載っていました。

健幸食品でのインターンによって
農家と親しくなり、その農家でアルバイトを
はじめ、そこからスパークして行った。

岩崎くんこそ、
起業家留学が待っていた人なのだろうと思う。

少しずつ自信がついていった。
手ごたえを感じていった。

農家のために何ができるのか?
それを考えて、実践している。

吉田先生が言う。
起業家留学で社会の厳しさ、難しさを肌で実感し、
それを大学時代になんとかしようと、
様々なアクションを起こしている。

そんな大学生がいっぱい増えたら、
活気ある大学、活気ある地域社会が生まれていくと僕も思う。

さて。
次は岩崎くん本人にインタビューをしたいです。  

Posted by ニシダタクジ at 04:48Comments(0)