プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2009年10月31日

共感力で飛び込む

藤原和博さん。
リクルートのフェローから、民間人校長として、
東京都杉並区の和田中学校に赴任し、5年勤めた。
よのなか科という、中学生によのなかのことを学ぶ授業を
シリーズで展開。

そんな藤原さんの著書「35歳の教科書」には、
営業力、そして人脈作りの秘訣が書いてあった。

「共感力で懐に飛び込め」

この人と仲良くなりたい。
と思うならば、徹底してその人を知り、
共通点を探して、共感していくこと。

それを
「共感力で飛び込む」
と藤原さんは表現する。

なるほど。
これはいけそうだ。

インタビューして、共感していく。
それがネットワークをつくっていくことになる。  

Posted by ニシダタクジ at 05:54Comments(2)