プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2010年01月10日

今、ここにいるために

「Little wings」
http://takuji.niiblo.jp/
のつづき。

スクールウォーズ以来。
僕の中にあった問い。
「人は何のために生きているのか?」
「人は何のために生まれてきたのか。」

宗教のない国に生まれた(多くの人にとっては、ない)
私たちにとって、この問いは、
非常に答えるのが難しいし、
「答え」というものはおそらくはない。

仕事あがりのビールを1杯飲むために
生きている人もいるだろう。

オリンピックで当時14歳の岩崎恭子さんが
「今まで生きたきた中でいちばん幸せ」だと言っていた。

そんな瞬間。

僕は24歳のとき。
自分の中での答えに出会った。
「今、ここにいるために。」

エコリーグ、全国ギャザリングで
未来についての熱い話をしていたところだった。

ああ。
今、ここにいるために生まれてきた。
そう心から実感した。

その秋。
てんつくマンと出会い、
てんつくマンが映画を撮る理由を聞いて、
さらに深まった。

なぜ、映画を撮るのですか?

映画をとっているとき。
いま、めっちゃ俺カッコいいと思える瞬間がある。
その瞬間のために映画をとっている。

そうか。
人はそういう瞬間のために生きているのか。

「人はなんのために生きているのか?」
とても宗教的な問いを、
みんなが日常的に考える時代が、
すぐそこまで来ている。  

Posted by ニシダタクジ at 07:49Comments(0)思い