プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2010年04月25日

挑戦しなければ敗北はない

圧倒的な敗北。

これが。
人生を切り拓くカギになる。

しかし。
それを敗北と思うかどうかは
本人次第だ。

たとえば。
高校バスケットの県大会で、
県内1,2を争う高校と対決することになったとする。
新潟で言えば、2回戦に新潟商業、みたいな。

当然、
圧倒的な大差で負ける。

そのときに。
圧倒的な敗北感があるかどうか。

それは全て、日ごろの練習、
努力の成果にかかっている。

毎日死ぬ気で走りこみからやっていた。
自分たちなりに、チームプレイも練習した。
しかし、当然力の差があり、オフェンス力、ディフェンス力
ともに圧倒的な差があるから負けてしまう。

一方、
普段から準備運動もそこそこに、
楽しんでやりましょう、とかいいながら、
5対5のゲーム形式ばかりやっているチーム。
当然、話にならないほどの大差で負ける。

そのときに、後者のほうのメンバーは
敗北感を味わうことができるだろうか。

「こんなもんだ。」

そう。
最初からあきらめてしまっている。
挑戦することをしていない。

そう。
負けるということ。
それは挑戦した人にしか与えられない、神様からのプレゼントだ。

人生を切り拓くには敗北すること。
そのためには、挑戦をすること。

力を、尽くせ。
とことん、やってみろ。  

Posted by ニシダタクジ at 05:46Comments(0)思い