プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
オーナーへメッセージ

2010年07月07日

「正しさ」を疑え

「正しさ」を疑う、ということ。
「常識」と言い換えてもいいかもしれない。

たとえば。
STOP地球温暖化。

テレビからラジオから、
聞こえてくるメッセージ。

地球温暖化で大変なことになるから、
CO2の排出量を削減しましょう。

これには、たくさんの「?」が
詰まっているように思う。

そもそも、地球温暖化とは何か?
その結果本当にどんな危機があるのか?
CO2排出量はどのくらい削減するといいのか?

そして最後、
究極の質問がある。

「地球を守る」ことは正しいか?
僕自身がこの質問に苦悩した。

自分が命を賭けるべきことはどこにあるのか?
それは「正しい」ことなのか?

その問いから、真の人生が始まっていくのではないか。  

Posted by ニシダタクジ at 05:33Comments(0)思い