プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



新潟市西区内野町431-2
TEL 025-261-3188

平日12:00~19:00
土曜 7:00~21:00
日祝10:00~19:00
*火・水曜定休





QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2011年03月15日

成果の承認と人格の承認

働くことを企業と大人にたずねたい
(中澤二朗 東洋経済)
に興味深い一節。

成果主義は
「成果」に対する承認しかしていない。

成果の承認があっても、
そこに人格の承認がなければ、
真の満足は得られないのだと
中澤さんは言う。

「成果主義」の導入によって
モチベーションがむしろ下がる。

というのは、
こういうことにも起因しているのかもしれない。

年功序列
終身雇用
の是非は別にして、

かつての日本企業には
そんな人格の承認があったのではないだろうか。

社内運動会なんかは、
その一つの方法論だったのかもしれない。
社内コミュニケーション。
それは人格の承認に他ならない。  

Posted by ニシダタクジ at 06:06Comments(0)学び