プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2011年07月08日

なぜ、1年生のときにアクションしなければいけないのか。

世界は広い。
自分たちの生きている世界はあまりにも狭い。

中学、高校、大学。
いつのまにか閉鎖されすぎた
空間に私たちは生きている。

「希望」がない。
と人はいう。

そうじゃない。
あなたの目に見える範囲に希望がないだけだ。

世の中はもっと広いし、
おもしろい大人はたくさんいる。
そして「希望」はたくさん眠っているのだ。

「希望」をつかむ。
そのためには異質な人たちとの
ふれあいが欠かせないと思う。

僕の大学時代は、
農家めぐりと学生団体の全国大会
だった。

激論を交わした出会いがいま、
大きな糧となっている。

今回ヒーローズファームが
提供する夏休みのインターンシップは
本気の大人と共にチャレンジする1ヶ月だ。
自分で考え、行動することを体感する1ヶ月だ。

なぜ1年生のときにアクションしたほうがいいのか?

それは、19歳には19歳にしかない
感性があるからだと僕は思う。

1年生で出会った大人。
そこから何を感じ、何を学ぶのか。

そんなことを真剣に考えるのは
非常に有意義だと思う。

内野留学は
そんなあなたのための
実践型プログラムです。
私たちと一緒に内野のまちを盛り上げていきましょう。

問い合わせ、お待ちしています。
15日(金)19時~ツルハシブックスにて説明会を開催します。  

Posted by ニシダタクジ at 11:07Comments(0)就職