プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2011年08月23日

無縁社会

無縁社会。
なんとも言えない、寂しい人が響きを放つ言葉。

仕方ない。
経済合理性とは、技術の発展とは、
つながりを切ることだったのだから。

失ったのは、美しい自然ではなく、
自然とのつながりだった。

取り戻すべきは、美しい川よりも、
地域住民のつながりだった。

もちろん、川をキレイにする活動で、
地域がつながることがあるだろう。

その方法論は無限である。
沼垂にある小さな八百屋には、
かつて引きこもりだった若者が集い、
地行きの高齢者や子どもと触れ合っている。

コミュニティ・ソリューション。

無縁社会という言葉の
恐怖に怯えるよりも、
あなた自身が目の前の地域にちいさなつながりを
生んでいくひとりになることだ。

世界は、目の前にあるのだから。

かつてガンジーは言った。

世界に変化を起こしたければ、
自らがその変化となれ。

地域に縁を築いていく役割を
大学生が担っていく地域をまずは一緒に作ろう。  

Posted by ニシダタクジ at 07:50Comments(0)言葉