プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2011年10月31日

師匠を持つ、という強さ

師匠になるための
たったひとつの条件は、師匠を持っていることだと、
内田樹先生は、著書「下流志向」の中で言っている。

師匠と弟子。
それこそが生きる力だったのか。
自分に師匠がいること。
それが苦境のときに力になる。

それがタテのつながり。

生きる力とは、
「つながっている」ということなのかもしれない。

そのつながりには
ヨコのつながり
タテのつながり
そして、ナナメのつながり
が必要なのだなあ。

かつての農業社会、地域社会には、
タテ、ヨコ、ナナメのつながりがたくさん
あったから、いろいろ機能していたんだなあ。

タテの関係は
師匠を持つ、という強さ。
歴史とつながっているという強さ。
それは言わば「尊敬」のチカラ

ナナメの関係は、
第3の場所、価値観があるという「開放」

ヨコの関係は
友人、話ができるという「安心」

そんな関係性が、いつの時代も必要だったのではないだろうか。  

Posted by ニシダタクジ at 09:53Comments(0)学び