プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
オーナーへメッセージ

2011年12月08日

どんな役者もかなわない

視聴率を取るには、
困ったら「子ども」と「動物」だと
聞いたことがある。

鉄板のネタなのだそう。
それはなぜか。

書いてありました。
「儲けを生みだす表現力の魔法」
(平野秀典 かんき出版)

これ、平野先生の最初の本で
ブックオフで見つけたのですが。
やっぱり好きな作家さんというのは、
どこまでも好きですね。
何読んでも面白い。

子どもと動物は
どんな役者もかなわない。

それは「今、ここを生きて、反応している」からだそうです。

そうそう。
普段の生活もそう。

今ここを生きて、反応している。
それが感動を生むサービスになるのです。

生きるっていうこと。
演じるということ。

どんなお店もディズニーランドと同じく
感動の舞台なんだなあと思いました。

いやお店だけじゃなく
人と人が会う場所は全て、
舞台なのではないかな。

そんな意識があると、楽しくなってきます。  

Posted by ニシダタクジ at 04:22Comments(0)言葉