プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
オーナーへメッセージ

2011年12月24日

歴代1位

世界で一番幸せな男歴代1位。
いや。
人類史上最も幸せな男。

15年ぶりに返り咲きました。
首位奪還です。

昨日のツルハシブックス交流会は、
本当に最高に美味い酒でした。

カラバコ出展者の自己紹介から始まった
場は、とてもステキな空間を創り上げていました。

ゆーきくんのピアノに、時が止まりました。
新曲の「十人十色」は特にすごかった!
CD化が待ち遠しいです。

料理を手伝ってくれた皆様、
ありがとうございました。
美味しかったです。

参加してくれた皆様
ありがとうございました。
みなさんが作り出す場は、最高に心地よかったです。

15年前の1位と全然実感が違います。
新大祭の展示の配布資料を書いていて、
ふと思ったこと。

自分が世界で一番幸せなのではないか。
しかも、歴代1位。

あの頃は何か使命感に燃えていたような
気がするけれど、

昨日は、あの場所に、あの空間に、
僕が座っていることができて、
本当に幸せだなあと思いました。

ステキな仲間に囲まれて、
2011年が終わり、2012年が始まります。

宮沢賢治は言いました。
「世界がぜんたい幸福にならないうちは、個人の幸福はありえない。」

これは、
政治家のように、いろんな制度をつくり、
仕組みを整えていく方法がひとつ。

そしてもうひとつの方法。
ひとりひとりの幸福を表現していくこと。
そしてその輪を広げていくこと。

まずは隣の人を笑顔にする。
そこから世界が変わっていくのだろう。

ゆーきくん
スタッフのみんな
来てくれたみんな
本当にありがとうございました。
僕は世界で一番幸せです。  

Posted by ニシダタクジ at 06:52Comments(0)日記