プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2012年01月24日

コミュニティが解決する


コミュニティ・デザイン
(山崎亮 学芸出版社)
にシビれまくり。

「コミュニティが解決する」
というタイトルの日記を、
前ブログ「Little wings」で3回も書いていた
僕が感覚的に感じていたことを
実践し、結果を出している人がいたことに、心震えた。

コミュニティが解決する。
それをどのようにデザインしていくか、が山崎さんの仕事だ。

地縁コミュニティからテーマコミュニティへ。
大学生をエンジンにする。

そんなコミュニティデザインは、
おそらくは全国のまちで共有できるものであると思う。

必要とされている「つながり」は
きっとこういうものなのだろうと思う。

コミュニティは「デザイン」でき、「創出」することができる。
そして、それは徹底した住民ヒアリングから始まる。

そんな確信を持てた本。
山崎さん、ありがとう。  

Posted by ニシダタクジ at 07:57Comments(0)