プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
オーナーへメッセージ

2012年08月10日

あなたの人生を変えた1冊はなんですか?

この夏の短期プログラム
「インタビュー・プロジェクト2012」

大学生が
「人生を変えた1冊」
をテーマに、自分の聞きたい人に
アポを取って話を聞き、それをまとめるプロジェクト。

大学1,2年生3名がメンバーだ。

好奇心。
そして感性を磨く。
それがこのプロジェクトの面白さだと思う。

キャリアの三角形の
キャリア・アンカー、つまり価値観を磨くこと。

それが「あなたの人生を変えた1冊はなんですか?」
というキラー質問だ。

これはその人の現在の価値観に直結している。
この質問をすれば、
「あなたが大切にしてきたものはなんですか?」
という質問をしたのと同じだ。

僕の人生を変えた1冊は、いろいろあるけど、

マンガ「SHOGUN」
遠山正英「沙漠緑化に生命を賭けて」
比嘉照夫・渡部昇一「微生物が文明を救う」
アランダーニング「どれだけ消費すれば満足なのか?」
川口由一「自然農から農を超えて」
船越康弘「おいしくたのしくありがたく」
福島正伸「起業家精神」
ポールフライシュマン「種をまく人」
高橋歩「SANCTUARY」
松田道雄「駄菓子屋楽校」

読んだときに電流が駆け抜けた10冊を選んでみました。
各エピソードはインタビューしてください。

インタビュープロジェクト、
僕が大学生だったら絶対やってみたい。

「カッコイイ大人」と自分が思える人たちに
その深さに迫ってみたい。  

Posted by ニシダタクジ at 08:23Comments(0)日記