プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2012年09月09日

大学は地域貢献を余力でやるのではない

昨日。
ETIC.の大学関係者向けの分科会。

「大学は地域にとってどういう存在であるべきか。」

というテーマ。

シンクタンクからドゥータンクへ。
地域と共に行動する大学へ。

特に地方都市では、
業を起こす力を身につけなければいけない。

地元に就職口がないのなら、
自分で作っていける人材を輩出しなければならない。

いちばん印象に残った一言は
「大学は地域貢献を余力でやるのではない。」

そういう時代になったようだ。
地域に必要とされる大学とは何か?

あらためて問い直す必要がある。
そして、地域団体として、大学とどう連携していくか、
そのゴールは何か?
目指したい卒業生像とはなにか?

その問いを共有していく必要がある。

高知大学、上田先生が最後に言った。
「風が吹いてきたんじゃないか。」

未来から吹いてくる風、未来に向かっていく風。

いまこそ、変革者たちの出番だ。

大学も、地域も、学生も、地域団体も、
変わっていくときがきているのではないか。  

Posted by ニシダタクジ at 06:09Comments(0)日記