プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2012年09月14日

真実は現場にある

粟島3泊4日。

村の課題を知り、それを踏まえて、
自分たちの課題と重ね合わせ、
その解決をはかるツアープランを立案する。

ヒアリングを重ねるに連れて、
真実が見えてくる。

役場では、
「現状をなんとかしたい」
と言われるが、
現場の人たちは「このままでいい」
って言われる。

無医村である現状を、改善したいとは思っていない。
観光客がもっと多くなることを望んではいない。

この現実を目の前にする。
それでも、プランを立案しなければならない。

それはどんなプランか?
誰をどのように幸せにするのか。
どんな課題を解決するのか。
そんな問いをひたすらぶつけていく。

そこから、生み出されるものに
僕は期待している。

自分の五感を総動員して、
感じたことを、プランに落とし込んで欲しい。

本日、合宿最終日。
中学生の前で発表します。  

Posted by ニシダタクジ at 06:56Comments(0)日記