プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2012年10月06日

商店街という空間のチカラ

4日午後、
新潟県商店街振興組合連合会の
青年部交流会に出席させていただきました。

新潟、長岡、上越の
新潟三大都市圏の商店街の若手の
みなさまとの会合でした。

若者とのコラボ事例をということで
加茂と、沼垂と、内野の事例を出しました。

活気ある商店街を失って、
僕たちは何を得たでしょうか。

大型ショッピングセンターで
買い物をする歓びとはなんでしょうか?
便利さ、効率。
これらは、歓びを生むのでしょうか。

僕は巻に約10年間住んでいたとき、
近所のお肉屋さんでしか、お肉を買いませんでした。

いつも、そこにいるお肉屋さんと、
今日の料理の話や
新しく作ったお惣菜の話をしていると
なんだかとても豊かな気分になったものです。

ツルハシブックスにも近所の小学生が
遊びに来ます。

そのうちのひとりは
パン屋さんの娘なのですが、
道で合ったら、当然あいさつします。

そういう、
何気ないつながりが、会話が生まれる場所。
それが商店街なのだと思います。

高齢化が急速に進む中。
コミュニティの重要性がふたたび問われています。
商店街の復活は、
ライフラインの復活と言ってもいいでしょう。

教育の場としても商店街は魅力的です。
コミュニケーション力、行動する力、チームワーク。
これらは商店街で実践することができます。

商店街をひとつの学校にする。
そういうのはすごく面白いなあと思います。

10月1日から加茂商店街でまちゼミ、やってるみたい。
こういうのがあると、まちが再びつながり始めるし、
商店街は活気を取り戻すと僕は思う。

  

Posted by ニシダタクジ at 06:58Comments(0)日記

2012年10月04日

農のチカラ、空間のチカラ

旧庄屋佐藤家を活用した事業
農的暮らし体験の第6回目。
釜炊きごはんときのこ汁。

見違えるほどの
表情と表現する若者に、
心ときめいた。

最初来たときは、
自分から話しかけることなんて
なかったのに。
コミュニケーションが自然ととれるようになっていく。

やっぱり。
農のチカラ、空間のチカラ。

いや。
反対に言うと、いまの日常生活空間が
あまりにも、コミュニケーションしづらくなっているんだろう。

もし。
スーパーやコンビニがなく、
八百屋しかなかったら。
「ダイコンください」と
声をかけないと、何も買えない。

空間のチカラという視点を
もう一度取り戻す必要があると強く感じた。  

Posted by ニシダタクジ at 08:37Comments(0)日記

2012年10月02日

7日(日)巻商店街でだがしや楽校開催

2005年から続く定番イベント
だがしや楽校@巻本町商店街in多加良まつり
が今年も10月7日(日)に開催されます。

主催は巻まちづくり協議会の教育文化部
おじいちゃんたちが工作の屋台を出します。
フリーマーケットの横で小さくやっています。

川村さんのフォークソングもあって、
非常にいい雰囲気となっています。
だがしや楽校では、
大学生のボランティアを募集しています。

子どもと遊ぶのが好きな方。
地域での子育てに興味のある方。
お祭りが好きな方の
ボランティアを募集しています。

ボランティア希望の方は5日までに
西田まで連絡ください。


  

Posted by ニシダタクジ at 06:09Comments(0)イベント