プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2013年02月08日

「なんのために」症候群

ビジネスマンの会議。

「なんのために」
この会議があるのか。
本日の会議のゴールは何か?
何と何と何を決めればいいのか。
そんなことを常に念頭に置いて、話をする。

おばちゃんの会議。

脱線に次ぐ、脱線。
会議をしていたはずなのに、
いつのまにか美味しいスイーツがどうだとか、
あそこの兄ちゃんがイケメンだとか、
議題に関係のない話になっている。
時間ばかりが過ぎていく・・・

きっと、このあいだに解決策があるのだろう。

名付けて、
「ゆるやかなゴール設定」

ビジョンが明確な場合。
そこに向かって最短距離を行くことが価値になる。

しかしながら、現代社会はビジョンなき時代だ。
数年先が予測不可能な時代だ。

設定したゴールが最適解でない場合も多い。
だとすると、日々、会議というプロセスの中で
個人個人が思っていることをコミュニケーションし、
そこから生まれるものを大切にしていきたい。

「なんのために」この会議やっているんだっけ?

という問いをいったん置いといて、
会議という大海原に身を預けてみる。
感性が動くままに発言してみる。

そういう会議がいま、必要なのだろうと思う。

あなたは
「なんのために」症候群ではありませんか?  

Posted by ニシダタクジ at 05:31Comments(0)学び

2013年02月07日

2年前からあなたの店で買おうと決めていた

まちゼミの会、松井洋一郎さん。
いま、僕の中で最も共感、感動するお話をされる方です。

昨日は地元・内野の新潟西商工会で
松井洋一郎さんのお話を聞く機会がありました。

いやあ。
よかった。

何度聞いても、泣ける。

天野く~ん!って
ウド鈴木ばりに叫びたくなる。

「商店街は絶対に活性化できる。」
と力強く語る松井さんに、
僕は文化創造の息吹を感じる。

文化とは、こうして創られるのだ。

少数の思いのある人たちが始める。
それを周りが応援してくれて、仲間になってくれて、
輪がどんどん広がっていく。

いつしかそのまちになくてはならないものが
出来上がっている。

松井さんは
20代のときに実家である化粧品屋さんに帰ってきて、
ありとあらゆる商店街活性化策、イベントをやってきた。

その日だけはいい。
たくさんの人が集まってくれる。
まちはにぎわいを取り戻してくれる。

しかし。
お客さんは来てくれない。
売り上げは落ちていく。
店を畳まなければならない。

松井さんは問いかける。
商店街の魅力ってなんだろう?

価格?
品ぞろえ?
独自化?

敵わない。
ディスカウントストア・ショッピングセンター
には勝てません。

なんだ?
「人の魅力なら絶対負けない」

その人の魅力を前面に押し出す。
それがまちゼミだ。

竹内文具店。
もう辞めたいって思ってた
通行量が7分の1に落ちた。
売り上げもどんどん下がる。

まちゼミに参加した。
「初めての人のための万年筆講座」

ていねいにていねいに
万年筆のことを教えた。
7年間で
万年筆の売り上げは10倍以上になった。

「万年筆はその人の性格が出るんです。」
「万年筆を使うと思いが届くんです。」

そんな竹内さんの呼びかけに、
万年筆が欲しくなる。

「需要」が生まれる。
「付加価値」が生まれる。

松井さんは言う。
「付加価値は、人からしか生まれない」

その通りだって思った。
リッツカールトンだって竹内文具店だって、
付加価値を生んでいるのは人なんだ。

そんなビジネスができるのが、
商店街のお店、なんだなあ。

あいち補聴器センターの天野さんの話は、
何度聞いても涙が出そうになる。

家業を継ぐために帰ってきて、
1年経って、自分が帰ってきた日から
オヤジが給料をもらっていない事実を知った。

なんとかしたい。
自分のお店の売り上げをなんとかしたい。
そんな思いでまちゼミの門をたたく。

そしてまちゼミ当日。
親切丁寧に補聴器のことを伝えた。

報告会で天野さんは元気よく言う。
「今日は3名のお客様が聞きに来てくださいました」

半年後も報告会で言う。
「今日は2名のお客様が聞きに来てくださいました」

松井さんは聞きたくても、聞けなかった。
「それで、売り上げはどう?」
聞けなかった。

2年が過ぎた。

天野さんが言った。
「松井さん、補聴器、売れました。2名のお客様が来てくれました。」

そして続けた。
「お客様は言ったんです。
2年前にまちゼミであなたの講座を聞いた時から、
もし補聴器が必要となったら、あなたの店で買おうと決めていた。」

泣ける。
泣けるよ。

こんな商売のよろこびがあるのだ。

豊かさとは何か?

そういう根源的な問いをもらえる、松井さんのお話、
機会があれば是非。

2月27日はチサンホテルに来るみたいですね。  

Posted by ニシダタクジ at 07:33Comments(0)日記

2013年02月06日

ネット通販とリペア(修理)ビジネス

村上で松井洋一郎さんの講座。
いつ聞いても、魂を揺さぶられる時間。
「誇り」とは何か?考えさせられる。

商店街にとっての最大のライバルは?

という質問に対しての答えは
もはや郊外大型ショッピングセンターではない。
「ネット通販」だ。

そう。
圧倒的価格競争率と品ぞろえ、そして利便性。

どれをとっても、
商店街の比ではない。
いや、違う。
ショッピングセンターの比ではない。

「他店より1円でも安かったら・・・」
という看板が掲げてあっても、
それでもネット通販の方が安い。
送料を入れたとしてもだ。

生き残れないのではないか。
商店街だけではなく郊外ショッピングセンターも。

しかし。
ちょっと待てよ。

これは商店街のあるお店にとっては
チャンスなのかもしれない。

いわゆる「リペア(修理)」をするような商売だ。
カバンや傘、クリーニングやさん、電気やさん、そして自転車やさん。
僕は2002年に買った真っ赤な自転車にいまだに乗っているのだけど、
この自転車は巻駅前の山田自転車で購入したものだ。

それ以来ずっと、
ちょっと調子が悪くなると山田さんのところに持っていき、
整備をしてもらっている。

ちょっとした整備はもちろん無料だ。
空気を入れたり、ブレーキの効きを調整したり。

それがかなりありがたかったりする。

これがもし、新潟の自転車専門店やディスカウントストアで買ったもの
だとしたら、どうだろう。

ちょっとしたことで行くのは気が引けるから、
自分で空気入れを買い、サビ止めを買って整備することになる。
素人だから、診断にもそんなに自信がない。

やっぱり、まちの自転車屋さんで買った方が
100倍、安心できる。
ちょっとした相談ができる、
この安心感はハンパない。

いま。
ネット通販全盛。

そう。
誰かがネット通販を代行してやればいい。
カタログ販売のように。

そして自転車であれば、
その価格に5000円くらい載せて、
まちの自転車屋さんから買ったことにすればいいのではないか。

そうすれば、心おきなく、
そのお店に修理に持ってくることができるのではないか。
電化製品も、傘も、靴も、もしかしたらそうなのかもしれない。
ネット通販に安心を載せて売る。

ネット通販を脅威ではなく味方につける。

そんなことが商店街のリペアビジネスでは可能ではないか。  

Posted by ニシダタクジ at 07:15Comments(0)アイデア

2013年02月05日

心のサードプレイス

1997年。
大学4年生の春から
僕は街の喫茶店で押しかけアルバイトを始めた。
月給1万円。交通費込。
何時間働いても、給料が上がるわけではない。

でも、僕は当時、
農家民宿をやるのが夢だったので、
調理を勉強したかった。

そこは豆料理の専門カフェで
ヒヨコマメ入りのサラダ、
チリビーンズ、
マメのスープ、
などなど、素敵なメニューがそろっていた。
チーズケーキも焼けるようになった。

お店には朝から、
おじさんたち&タバコを吸うビジネス女子
たちが新聞を読んだり、タバコ吸ったり、
思い思いのときを過ごしていた。

ランチタイムは、近所のOLさんたちが
オシャレ&ヘルシーな豆料理を食べていた。

5か月くらいで、僕はやめてしまったのだけど、
その後何年かして、閉店することになった。

昨日。
池袋で老舗喫茶店のモーニングを食べた。


常連らしきおばさんが
僕のいる間に、2人、やってきて、
珈琲を飲んで帰っていった。

マスターとの対話は
日常感がたっぷりでやけに懐かしく見えた。
古き良き昭和の喫茶店。

どうして。

どうして、この文化がなくなりつつあるのだろうか。

不思議でならない。
本屋フォーラムで水井さんが言っていた、
本屋のあるまちで子どもを育てたい。
それに通じるものがある。

珈琲を読みながら新聞を読んで、
タバコの一服もする。
そんな時間の過ごし方ってステキだなあって思う。

回転率を上げるためにランチ時は禁煙にして、
愛煙家は10分で飲めるドトールコーヒーの喫煙室になだれこむ。
そんな街中の風景になってしまった。

池袋のあの老舗喫茶店のような、
ちょっとした時間と空間。
マスターの人柄。

そんな場、心のサードプレイスという場
をひとりひとりが必要としている時代が
いま、まさにきているのだろう。

就活とか
新入社員の時にそんな場所があったらいいだろうなあと思います。

ステキな時間をありがとうございました。  

Posted by ニシダタクジ at 08:08Comments(0)日記

2013年02月04日

非効率な時間と空間の中でいま、「文化のたね」が蒔かれた

昨日は怒涛のような1日。
モテる書店フォーラムに出演するため、
今井さんと東京・池袋へ。

上野駅で今井さんにミッション発生。
なんと、本、Tシャツ、トートバックと満載の
赤スーツケースを持ち、上野から池袋に運ぶという
ひどい仕打ち。
本当にありがとうございます。

新幹線のドアが開いた瞬間。
エスカレーターをダッシュして駆け上がり、
地下4Fから1Fへ
中央改札から銀座線へ。

そして乗り換え時間5分で銀座線渋谷行に。
揺られること23分。
外苑前に着きました。

どうしても、空気感を感じたかった、
ワタリウム美術館の坂口恭平「新政府展」

並んでるっ!!
20人くらい並んでる中に入場。

2F。
まあこんなもんか。

3F。
描いた絵。
なるほどなるほど。

こんなもんかな~。
と思っていたら、4F。
心を打ち抜かれた。

「あなたは何大臣ですか?」
とビデオメッセージ。
そして、壁一面に描かれた壮大なマインドマップのような
坂口恭平さんの頭の中。

シビれる。
とはこういうことを言うのだろう。

印象的だったひとこと
「世界を変えるとは言わず世界をもうひとつ増やす」
そうなんだよね。
世界を変えるのではなく、新しく作る。

わずか30分の異次元空間から生還した後、
銀座線から山手線に乗り換えて一路、池袋を目指す。

電車の中でも興奮が収まらず、
「俺は何大臣なんだよ~?」
と心の中で叫び続ける。

そして、池袋。
まずはランチ会から。
いか文庫の藤田さん登場にみんな歓声。

そしてモテる書店フォーラム。
僕のトークでいいのか、と思いつつ、
川上さんとセッションする。

そして、川上さんが
西日本で最大にリスペクトする書店
ウィー東城店の佐藤店長が登場。

これには僕も、心が震えた。
おじいちゃんおばあちゃんのために
なんでもやる書店。

子どもにも大人気。
ステキだなあって思った。
ライバル店登場です。

その後、
新しい本屋ワークショップ。
池袋に新しく出す書店をストーリーブランディングしてみる、
というワーク。

わがチームがグランプリをいただいて、
商品、「埜庵」のかき氷券をゲット。
超うれしい。


そして、
「これからの本屋の話をしよう」の真剣トーク。

出版社。
取次。
そして著者。
たくさんの人のクロスする想い。

僕は改めて、
「価値とは何か?」というのが問われていると感じた。

そして「効率化とは本当に価値なのか?」という
突き上げるような問いが浮かんできた。

そしてそのまま地下の「世界の山ちゃん」での飲み会に突入。

最後にまた聞けた。
主催者の水井さんの熱い想い。

「本屋のあるまちで子どもを育てたい。」

その通りだなって思った。
本屋には、素敵なものが詰まっている、
と改めて感じた。

それはきっと
「文化のたね」と呼ばれるようなもの。
いつか芽を出し、花を咲かせるかもしれない。
でも、もしかしたら咲かせないかもしれない。

それでも、それを蒔いていくことって意味があるのだろうなって思った。

昨日のフォーラムとワークショップもそう。
すぐに何かが改善されたり、業績が上がるわけでもない。

しかし、小さな「文化のたね」が蒔かれた瞬間だった。

その場を共有できて、
心震える一瞬を味わえて、僕は幸せでした。

川上さん、水井さん、佐藤店長、今井さん、参加者のみなさま。
素晴らしい機会をありがとうございました。

一番感じたのは
非効率な時間と空間の中でいま、「文化のたね」が蒔かれた。

それだけです。
ありがとうございました。  

Posted by ニシダタクジ at 06:20Comments(0)日記

2013年02月03日

私塾という場が起こす奇跡

「我以外皆我師」(吉川英治)

これからの学びのあり方は
ここにあるのかもしれない。
「モテる書店フォーラム」
もそういう「場」を提供しているのだろう。

そして、
そこからしか奇跡は起こらない。

森田英一さんの
「こんなに働いているのになぜ会社は良くならないのか?」
を読むと、対話がいかに大切かがよくわかる。

いま、会社で
新商品や新規事業をやるときに、
どれだけの「対話」がなされているだろう?

トップダウンで行けたのは、
世の中が右肩あがりだったときだけだ。
先行きの見えない時代に通用することはないだろう。

それは、会社という組織だけの話ではない。
新しい「価値」を生み出すときには、

幕末の松下村塾のような、
ひとりひとりの個を最大限に生かすような「場」
を創出することが必要になる。

モテる書店フォーラムはそんな「場」のひとつだろう。

そこに、先生はいない。
場をつくるプロデューサーとしての川上徹也さんがいるだけだ。

「我以外皆我師」

そんな空間が奇跡を生み出すのだ。
その場、その瞬間でしか生まれない何かを生み出すのだ。

その「何か」は始まってみなければわからない。
その「場」を共有すること、あるいはその「場」の構成員のひとりになること。
それはおそらく参加費を上回る価値となるだろう。

僕もそんな私塾をつくろうと思う。

師匠はいない。
いや、その場を共有するすべての人が師匠である、
そんな私塾。

いよいよ。
というか、満を持して、というか。
ふたたび塾業界に復帰する時が近づいてきているようです。

僕の個人ミッションは
「15歳が自分と住んでいる地域と社会を好きになり、
自分と地域と社会の未来創造へ向かって歩きだしている地域社会の実現」でした。
思い出しました。

待っていてね、中学生たち。
いや、25年前のニシダタクジたち。  

Posted by ニシダタクジ at 06:00Comments(0)思い

2013年02月02日

ヨソモノらしく

ヨソモノはヨソモノらしく、
しがらみを超えたチャレンジをしなければならない。

そんなことを思った、
商工会青年部新年会。
本年もお世話になります。

「非属の才能」(山田玲司 光文社新書)
は素晴らしい本だ。

東大名誉教授 畑村洋太郎さんが言う。

「新しいことにチャレンジすれば、結果は必ず失敗である。」

いいねえ。
こうも続ける。

「いつも成功してますって奴がいたら、そいつは新しいことをやんない奴だ」

そうそう。
ヨソモノはヨソモノらしく、チャレンジをしなければならない。  

Posted by ニシダタクジ at 06:18Comments(0)日記

2013年02月01日

コーディネーターを講座で養成することはできない

「講座」っていうのは魅惑の響きだ。

そこに出ているだけで、
自分がパワーアップしていく。
昨日とは違う自分になれる、そんな気がする。

西区地域デザイン入門講座の
2013年度のキックオフ。

13年度は
入門編と実践編に分かれていく。
実践編はもちろん成果を目指す。

そこで質問が出た。
「コミュニティコーディネーター養成は考えなくていいんですか?」

たしかに。
実践編で成果を目指すとなると、
その人はプレイヤーであり、コーディネーターではないのではないか。
その通りだなあ。

そうそう。
アクションを起こすとき、
人はプレイヤーになっている。

しかし、地域で何かを起こそうと思ったら、
関係各者とのコーディネート業務は発生する。

「この人とこの人をつないで。」
「いちおう、この人には話を通しておかないと。」
みたいなことってたくさんある。

そう。
プレイヤーにもコーディネーター要素が必要なのだ。

それなのに、なぜか、これまで
コーディネーターとプレイヤーは
明確に区別されてきた。
そして、それぞれを養成するような「講座」が行われてきた。

しかし、コーディネーターは、そもそも、「講座」で「養成」できるのだろうか。

現場があり、そのゴールに対して、
なんとかしてやり遂げるというプロセスの中で
時にはプレイヤーになり、時にはコーディネーターとなり、
成長していくのではないか。

そうか。
だから今回の講座も、
コーディネーターとして「養成」されているのは
参加者ではなく、私たちスタッフのほうだったのだ。

おもしろいな、これは。
「講座」という概念が変わる。

自分たちは企画運営委員というスタッフだと思っていたけど、
実は「講座をみんなで作り上げる」という講座の受講生だった。
ダマされた~。笑。

公民館講座の新しいカタチを切り拓いてますよ、吉田館長。
ありがとうございます。  

Posted by ニシダタクジ at 05:47Comments(0)学び