プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2013年06月03日

君はまだ、松陰読本を読んでいないのか?



あなたはもう、読みましたか?
野山塾の原点。
というか僕の原点、松陰読本。

山口県の小学生はみんな読んでいる
「松陰読本」(カラー写真入り 500円)

幕末を駆け抜けた郷土の志士、
吉田松陰先生の生涯を小学生でも
わかりやすいように編集された小冊子です。

注目すべきは
やはり30ページの野山獄のエピソード。

獄中で松陰先生がとった行動。
俳句の上手な人を俳句を他者に教え
書の上手な人は書を教えた。
自らも読んでいた本をもとに孟子の講義などをする。

いつしか、獄中は
学び舎のように、活気があふれた。

松下村塾の原点とも言うべき、
この野山獄のエピソードが詰まった1冊、
松陰読本をあなたはもう読みましたか?

新潟県内ではおそらく唯一、
ツルハシブックスにて取り扱い中です。  

Posted by ニシダタクジ at 07:29Comments(0)