プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
オーナーへメッセージ

2014年03月19日

世界と対話する方法

世界と対話するには、どうしたらいいのか?
書道科の卒業生と話をしていて、
そんなことをふと思った。

書を通して、世界と対話する。

もしかしたらみんな
世界と対話する方法を知りたいのではないか。

自己を表現し、
そのリアクションを見て、また表現する。
そんなことをしたいのではないか。

思えば僕も
そういう強い衝動を持っていた。

「何かで自分を、自分の思いを表現したい」

それはきっと、
まきどき村という畑での活動として、カタチになった。
そして今。
たぶん本屋さんという表現をしているのかもしれない。

ひとりひとりはいま、表現の場を必要としている気がする。

「世界と対話する。」

そんな空間がたくさんできたらいいなあと思う。  

Posted by ニシダタクジ at 07:25Comments(0)日記