プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
オーナーへメッセージ

2014年03月20日

ツルハシブックスは本日で3年となりました

2011年3月20日。
ツルハシブックスはスタートしました。

まだまだ日本中が
大きな震災の中、何ができるのか、と
模索している中、
「持ち場を守る」という思いの中で、スタートしました。

周りの方々に支えられて、
なんとか3年を迎えることになりました。
本当にありがとうございます。

昨年3月20日には
2Fに「うちのカフェ イロハニ堂」がオープンして、
地元の方もたくさん足を運んでくれるようになり、
店頭にない本の注文も増えてきました。

今年の初めからスタートした
中学生・高校生に本屋を届ける移動ブックカフェ「ツルハシ号」プロジェクトには、
3月19日時点で、店頭で98名の寄付侍が誕生(総額 166,000円)
クラウドファウンディングFAAVO新潟で52名(総額 318,000円)、
計150名の寄付侍が誕生しています。


コミュニティデザイナー、山崎亮さん、なっぱさんにも77人目78人目の寄付侍になっていただきました。
ありがとうございます。

4月上旬には、ツルハシ号を購入し、
移動ブックカフェがお披露目したいと思っております。
金額的にはあと7万円ほどの資金が必要です。
引き続き、寄付侍のご協力をお待ちしています。

4年目を迎えるにあたって、

・ツルハシブックスの場としての魅力向上
・若者向けの企画の継続する体制づくり
の2つを行っていきたいと考えています。

「ツルハシブックスの場としての魅力向上」は
まずは、原点に回帰し、魅せる本屋へ。
若者限定の地下の古本発掘や、
若者が集まるイベントなどを行って、コミュニティに支えられた
ツルハシブックスですが、

「1冊の本で人生は変わる。本屋には新しい人生が転がっている。」
という初志に戻り、本の魅力を伝えていくことをさらに考えていきたいと考えています。
今年1月~3月の模様替えによって、メインとなるのは入って左側の壁一面。
そして奥のテーブル台、さらには独立した4つの本棚のシマ。
これらを活用して、本を読んでみたくなるプレゼンテーションを考えたいと思います。

そして、もうひとつは場として使ってもらうということ。

奥のテーブルから本を移動することによって、
8人~10名ほどは座れるミーティングスペースが誕生します。
ここを活用したトークイベントや、
あるいは明日からの3日間で試験的に行う屋台を使ったイベント
なども考えていきたいと思います。

また、3Fで行っている中学生高校生のための自習型学習塾「野山塾」
の子どもたちが何かを販売する「自営業体験」としての場としても
活用したいと考えています。

次に「若者向けの企画を継続する体制づくり」に関しては

1 中学生・高校生のための移動ブックカフェ「ツルハシ号」
2 高校生・大学生がプロデュースする商店街ミニ講座「うちのまち なじみのお店 ものがたり」
3 大学生・社会人がチャレンジする「食」と「農」を活用したビジネスを試験的に行うパラレル・キャリア・プラットフォームづくり

という3つのプロジェクトが動いていくかと思います。
これらのプロジェクトに対して、地域の人たちや、若者自身の関心領域へ
資金的にも、人材的にもアプローチできるような仕組みをつくりたいと思っています。

石の上にも3年と言いますが、
運営的にはまだまだかなり厳しい状況が続いています。
思いのある方々の力を借りながら、越えていきたいと思っています。

3年間でもっとも印象に残っているのは、昨年4月28日のこと。
2002年1月、僕の活動の原点となった家庭教師の経験。

受験勉強合宿の時に人生最高のすき焼きを食べて、
「中学生・高校生と一緒に将来を見つめる仕事がしたい」
「地域の人が中学生高校生と出会える仕組みをつくりたい」
と思わせてくれた、

当時不登校の中学校3年生だった平井くんがツルハシブックスに来店。
11年ぶりの再会。26歳になっていた彼が
「寄付侍になりたいんですけど」と言ってくれたこと。
お店をやるってことは、そんなドラマが生まれる場を創るってことなのかもしれません。

お客さんひとりひとりを共演者として、
新しい物語が生まれていく小さな本屋、
ツルハシブックスをこれからも一緒につくっていきましょう。

☆寄附侍を募集しています☆
1,000円の寄附で寄附侍認定バッチを差し上げます。※学生は500円で認定します!
3,000円の寄附で寄附侍名刺を100枚、作成します。
5,000円の寄附でバッチ+名刺+本の妖精が選ぶあなたにぴったりな1冊がプレゼントされます。

寄附侍になる方法は以下の2つです。

1 店頭寄附
ツルハシブックス店頭で受け付け用紙がありますので、
そちがにご記入の上、お申し出ください。

2 直接振込で寄附
事前にメール等で、氏名、住所、連絡先電話、メールを記入の上、
郵便振替口座 00580-2-92404 加入者名 NPO法人ヒーローズファーム
または
第四(ダイシ)銀行内野(ウチノ)支店(普)1858245
口座名義 NPO法人ヒーローズファーム 代表理事 西田卓司
へお振込みください。   

Posted by ニシダタクジ at 07:35Comments(0)日記