プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
オーナーへメッセージ

2014年05月01日

アルバムを発表するようにビジネスを展開する

本日より、ツルハシブックスは、
1口オーナー制度「ヒーローズ」の
メンバー募集を開始しました。

http://tsuruhashi.skr.jp/space.html

月額10,000円で、
ツルハシブックスを一緒に支えてくれる
仲間を募集しています。

今月中には
月額1,000円のツルハシブックスファンクラブ
の募集もスタートします。
(有料メルマガのシステムを活用して全国から募集いたします)

昨年8月に新潟市による商店街活性化の補助事業による
家賃補助(3年間)が終わり、ツルハシブックスの家賃負担は3倍になり、
また冬場の光熱費のために、現在も非常に厳しい運営を迫られています。

3月のツルハシブックス3周年の時に
「ツルハシブックス公開経営会議」を行い、
12名の共演者の皆様とともに考えたアイデアを
実行に移します。

他にも、
ツルハシブックスという「場」を
最大限活用してもらうための
屋台利用と、朝活のプランを設定しました。

人と人をつなぐ本屋。
自分を発掘する本屋。
そして、物語が始まる本屋。

そんな空間を共演者のみなさんと創っていきます。

ツルハシブックスは小さな劇場です。
そこでは、誰かが演じています。

そこに、誰かが入ってくる。
そこから始まる物語を見たくて、
いや自らも共演したくて、人は足を運びます。
そんな劇場のような空間を創りたいと心から思います。


「森を見る力」(吉川幸夫 晶文社)は
これからのビジネスのあり方、方向性に対して
熱い問いを投げかけてきます。

アフター・インターネット(インターネット後)の時代では、
次の4つがスタンダードになってきます。

「中抜き」
インターネット以前には世界は切り離されていたので、
スーパーや貿易など、「つなぐ」ことでビジネスは成立した。
しかし、インターネットでは「最初からつながっている」。
だから「代理人」となるようなビジネスはもはや成立しない。

「つながりっぱなし」
インターネット以前には「内と外」「公と私」「本音と建前」
のように人は二重構造をもっていた。
しかしインターネットはつながりっぱなしであり、
「オン」と「オフ」の境目はもはやない。

「発信者負担」
インターネット以前は広告モデル以外は受信者負担の原則があった。
受けては雑誌などを「購入して」情報を得るのである。
しかし、インターネット後、個人が表現欲求を満たす場が出てきて、
発信する費用を自らが支払ってでも発信したいと思うようになった。

「P2P」(Peer to Peer)
インターネット後の世界は、
人と人が直接つながる、そして巨大なデータベースを共有する。
既存の利権やルールが通用しない、果てしない荒野である。
まったく新しい環境の中で新しいルールとライフスタイルをゼロから立ち上げる気力が必要である。

アフター・インターネットという激変の時代の苦しみを
僕たちはいま、体験しているのだと思う。

そんな中で問われているのはやはり僕は
個人ひとりひとりの美意識なのだろうと思う。
何を持って美しいとするか、
何を持ってカッコいいとするか、である。

橘川さんの
スティーブ・ジョブズに対する記述が熱いので引用する。

~~~ここから引用

ジョブズのプロダクツが、それまでのエンジニアが作ったものと違うのは、
それが単なる製造機械ではなく、
ミュージシャンのアルバムのように、
ジョブズの表現物になっていたことである。



iPadが生まれた時、ジョブズは、
「僕の人生で最高のものが出来た」と言った。
それは、単に性能が良い商品が出来たとか、
売れる商品ができたというのとは違って、

「自分の表現したいプロダクツが出来た」
という風に、僕らは受け取ったはずだ。
まさに「ジョブズの魂」なのである。

パソコンの文化が、単なる製造機械の歴史ではなく、
カルチャーの歴史であるとしたら、
ロック・ミュージシャンがアルバムを発表するように、
ビジネス展開したのはジョブズだけだろう。

(中略)

少年は夢見る。

それは、世界を自分の想い描くような形にリデザインすることである。
しかし少年は、成長するにつれ、その途方もない夢を
現実の壁で崩され、大人が作った一部の業界範囲や
会社内部の中で生きる道を選択する。

しかし、中には、
現実のビジネスシーンにまみれながらも、夢を忘れない大人がいる
夢を忘れないことをロックと呼ぶ。

何もないところから、
想像もつかない作品を生み出し、
多くの人からの喝采を浴びたジョブズは、もういない。
他人の夢を継承することは出来ない。

アップルが、これからも未来への夢を実現していくとしたら、
それは、ジョブズと同じような人間が、ゼロから開始することでなければならない

(中略)

ジョブズから学ぶものはプレゼン技術でも、強引な交渉力でもない。
一人の人間が自分が最初に感じたものを忘れることなく、
誤魔化すことなく、追求し続けること。
ジョブズは死んだが、僕らはIPadという名前のジョブズの魂と共に、今日も生きるのだ。

ジョブズは自らが開発した商品に、
機能の先進性はもちろんのこと、
ひたすら「カッコ良さ」を求めた。
機能の先進性は社会性だがカッコ良さは時代性である。

なぜ、カッコ良さを求めたのか。
答えは一つである。
ロックはカッコ良くなければならない。

なぜなら、ロックのスタートは、
世の中のカッコ悪い、醜悪な現実に対する怒りから始まったものだからだ。

~~~ここまで引用

いやあ。
熱い。
シビれる。

僕たちは、
「アフター・インターネット」と
「アフター・ジョブズ」の世界を生きている。

そこにはただ荒野が広がっていて、道がない。

アルバムを発表するように、ビジネスを展開する。
ツルハシブックスは、カッコ良いのだろうのか?

少年のころに見た、
世界をリデザインするという意志を失ってはいないだろうか。

15歳が、
自分と自分の住んでいる地域を好きになり、
自分と地域と社会の未来創造へ歩き出している地域社会を創る。

そのための「場」と「機会」をいま、つくっているんだ。

そんな誇りを持って、本屋という劇場に立つ。

そんな毎日を送るんだ。

共演者求ム。  

Posted by ニシダタクジ at 06:03Comments(0)学び