プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2014年05月15日

商店街というフルサト


「フルサトをつくる」(伊藤洋志 pha 東京書籍)

「ナリワイをつくる」伊藤さんの最新刊。

生まれ故郷ではない
「フルサト」について考えさせられる。

これからのフルサトは人に会いに行く場所。
だから、会いたい人がいる場所、それがフルサトになっていく。

そう考えると、
商店街というのが「フルサト」になり得ると思った。

「うちのまち なじみのお店 ものがたり」
を繰り返していけば、参加者にとって、
内野の商店街がフルサトになるような気がした。

うちのDEアートっていうのも
「フルサト」を作っているよなあって思った。

地域の人に出会う観光。
地域の人と生活を共にする観光。
日常こそが光なのだろうと思う。  

Posted by ニシダタクジ at 09:31Comments(0)