プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2014年07月28日

「価値とは何か?」に向き合う

「価値観の多様化」などと言われる。
「答えのない時代」とも言われる。

何が売れるのか?
は、
何に価値があるのか?
と同じ意味になっていく。

だからこそ、早い段階で
「価値とは何か?」という問いに向き合うしかない。

これからの商売は、
「価値観」と「価値観」のコミュニケーション
の結果、モノが売れたり、サービスが交換されるだろう。

「商店街活性化」「地域活性化」「まちづくり」
という一般言語ではなくて、

「価値とは何か?」
「何に価値があるのか?」

に向き合っていくこと。

「地域活性化とは、〇〇である。」
と表現して、それによってコミュニケーションしていくこと。

ビジネスそのものがコミュニケーション・ツール
となっていくとしたら、
ビジネスはどんどんアートに近づいていく。

「アート」とは価値観を表現し、コミュニケーションすることだ。

ビジネスを、アートを生きよう。  

Posted by ニシダタクジ at 06:03Comments(0)学び