プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2014年10月11日

本を媒介とするだけで悩みが話せる

10月10日、松本の信州大学前の
旅行会社・コスモツーリストさんで
行われた「本の処方箋」イベントに
主治医出演してきました。
超盛り上がりのイベントでした。

自分の悩みをカルテに書いて、
それで本を処方してもらうという企画。


超盛り上がってました。

本を媒介にして、
本を解決策とするだけで、
あんなにもみんな、悩み相談ができちゃうんですね。

コミュニケーションデザイン
って大切だなあと思ったし、
本というコミュニケーションツールの
パワフルさを改めて感じたイベントとなりました。

松本に古本屋さん、
つくっちゃいますかね。  

Posted by ニシダタクジ at 06:06Comments(0)