プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2015年03月08日

修業とは、磨くこと

「数年間修業して、独立します」
みたいな。
それって本当に修業なのか?

満員電車に揺られて、
上司に怒鳴られ、
なんとか働いていくことは
本当に修業なのか?

「修行」と「修業」は
本来は意味が違うのだそうだ。

仏道などを極めるのが修行、
つまり滝に打たれたりするやつだ。

技を習得するのが修業。
鍛冶屋さんなどの職人が
独立する前にしているのが修業だ。

もしかして、修行をしていないか?
苦しむことに価値があると思っていないか?

修業とは、磨くことだと僕は思う。

技を磨くこと。
そしてなにより、感性を磨くこと。

技と感性を磨いていくことで次の
ステージにつながっていく。

技と感性を磨く修業をしよう。  

Posted by ニシダタクジ at 07:25Comments(0)学び