プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
オーナーへメッセージ

2015年07月17日

メッセージを生きる

問うこと。
問いを見つけること。

これこそが、
大学生の、20代の宿題、
いや、人生に課せられた宿題なのだろうと思う。

答えのない問いに挑む。

なぜ、生きるのか?
どう、生きるのか?

マハトマ・ガンジーは、ある記者に
「アメリカ、特にアフリカ系アメリカ人に向けてメッセージを」
と問われ、こう答えたという。

「私の人生そのものが私からのメッセージだ」

きっとそういうことなんだろうと思う。
問うこと。
ただ、ひたすらに問うこと。

自分に、そして世界に。
「しつもん力で人生は変わる」
と誰かが言っていた。
本当にそうだと思う。

自分に何を問うのか?
そして
世界に何を問うのか?

その出発点に立つきっかけを得るのが大学時代の夏休み
なのだろうと思う。

旅に出る。
人に会う。
本を読む。

自らの感性を磨き、問いを得る旅に出る。
その「問い」こそが人生を、そして世界を拓いていく。

僕たちも、ガンジーと同じく、
メッセージを生きるために生まれてきた。  

Posted by ニシダタクジ at 06:51Comments(0)思い