プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2016年05月29日

未完成であること、無力であること



昨日は、鹿児島での吉野さくらさんとの
初コラボでした。

やっぱり吉野さくら、スゲーって。
ほんと、スゲー人とやってるな、って思いました。
言葉がどんどん紡がれていっているなあと。
開花の階段を登りまくっているなあと。

~~~以下メモ

新潟に来る決め手となってのは
一番よくわからなかったから。

不安は、いいと思ったものに飛び込めないこと。
機会を得られないこと。

やりたいことはよくわからないけど
「ああ、このために新潟に来たんだ。」
と思える瞬間がある。

小豆の炊き方
すぐにネットで調べないでばあちゃんに聞く
ふたりが関わることになる。

わからないを表明する。
隙がある。

未完成である。
隙がある。

「すき」のある暮らし。

大切にしたいものを大切にする。
無力である、という豊かさ。

できない
ということは誰かと一緒にやれるということ。

人生は個人戦であるという錯覚。

「ひょっとしてこんなのもできますか?」
眠れる才能をお願いすることで開花させる。

ムチャぶりから始まる開花。
Dance with 〇〇?
誰と一緒に踊りたいのか?

若者の価値は無力であること。

~~~以上メモ。

いやあ。おもしろった。
参加者も全然帰らなかったので、
伝説のイベントになりました。

僕が一番思ったのは、
やはり「未完成である」「無力である」
という可能性についてです。

未完成で無力。
これは、商店街や地域で
活動していくうえで、最強のコミュニケーションツールに
なるのだなあと。

「参加のデザイン」になるのだなあと。

無力であるということ、未完成であるということは
誰かと一緒にできる余地がある、
つまり隙があるということ。
余白があるということ。

彼女がお米屋をやっている理由は、
もしかしたらそこにあるのかもしれません。

白いごはんのように、
無力で未完成な存在こそが、
多くの人の「参加」を促していくのだろうと
思いました。

だからこそ、大学生や20代の子は、
地域に出ていくことです。

企業インターンでは、価値(経済的価値)
を生み出せる優秀な人材が求められます。

しかし、地域インターン、田舎インターンは
参加のデザインを生み出す、
無力で未完成な人材が求められます。
必要なのは少しの行動力だけです。

地域が求めているのは、経済的価値は2番目で
もしかしたら、1番目は、「参加のデザイン」なのかもしれません。

さくらさん、あすみさん、はまつさん
素敵な機会をいただき、本当にありがとうございました。  

Posted by ニシダタクジ at 06:02Comments(0)学び