プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



新潟市西区内野町431-2
TEL 025-261-3188

平日12:00~19:00
土曜 7:00~21:00
日祝10:00~19:00
*火・水曜定休





QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
オーナーへメッセージ

2016年06月20日

複数の役割を演じるということ


「下り坂をそろそろと下りる」(平田オリザ 講談社現代新書)

「わかりあえないことから」
につづく、平田オリザさんの1冊。

まだ第1章しか読んでいないのだけど、
やっぱり鋭いところついてるなあと。

小豆島の事例。
子育て層が移住してきて、
活気がある小豆島。

離島でありながら人口3万人という、
その中で産業構造が成り立つようになっていることも大きい。

平田さんは演劇を取り入れた
コミュニケーション力の授業を展開している。

印象に残ったのは、
小豆島高校の野球部の話。

参考:
http://geinou-resistance.info/1325.html

今年の春のセンバツ高校野球に
21世紀枠で選ばれた小豆島高校。

その強さの秘密を
平田さんは、少人数がゆえの
複数ポジションをこなすところにあるのではないか、と言う。

複数の役割をこなす。
そのことが人々の自主性、主体性を伸ばす。

それによって関係性もよくなるのではないか?

参考先URLを見ても、
フェリーでの練習試合にいくときも
行き帰りの船の中が
よいミーティングの場になっているのだという。

なるほどな。
ふりかえり、がちゃんとできているのだなあと。

これkらが楽しみな1冊です。  

Posted by ニシダタクジ at 07:29Comments(0)