プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2016年09月04日

岡倉天心という問い

岡倉天心とは、問いなんだと思う。



五浦コヒー。
サザコーヒー×茨城大学の新商品。
昨日の国際岡倉天心シンポジウムで
学生とブースを担当した。

岡倉天心がボストンと茨城・五浦を
往復していた当時のコーヒーを
文献などから調べ、
おそらくはこのようなコーヒーだろうと
再現したコーヒー。

先日のコーヒーセミナーで
豆の種類や浅煎り、深煎りの違い
などのレクチャーを受けて、
コーヒーの淹れ方を習い、昨日を迎えた。

この「飲んだであろう」
っていうのがいいんだよね。

茨城・五浦に日本と中国とインドの融合を
表現した「であろう」岡倉天心が
愛したコーヒーがもしあったとしたら、
それはこんなコーヒーだっただろう。

そう。
岡倉天心っていうのは、問いなんだ。

その問いとは、究極的には、
「あなたはどう生きるのか?」
という問いに行きつく。

美しさとは何か?
あり方とは?
そんな問いが突き刺さる。

ボストンと五浦で、
「美しさ」に向き合った
岡倉天心に思いを馳せるコーヒー。

味わうのは、
コーヒーではなく、問い、なのかもしれないね。  

Posted by ニシダタクジ at 06:17Comments(0)日記