プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2008年09月20日

単年度契約

単年度契約
今日の地域チャレンジ若者大賞
にエントリーをしている
岐阜G-netでインターンをした
川合くんのプレゼン練習を見ていた。

心が動いた瞬間のひとつひとつに
僕も胸が熱くなった。
長期インターンとは、本気になるとは、
人生にこんなにもインパクトを与えるものなのだなあ
と改めて確認した。

川合くんに聞いた。
「卒業したらどうするんですか?」
「まだ決まってない」と応えたその後に
こんなことを言っていた。

「プロになりたいです。1年1年契約していく。」

プロ野球選手などスポーツのプロ選手は、
よほどの実績のある選手でない限り、
チームとは、単年度契約を結んでいる。

今年、活躍できなかったら、来年はない。
という世界。

川合くんが言ったのは、
スポーツ選手を目指すと言うことではなく、
1年1年を本気で生きていくという
生き方を目指したいという意味だろう。

プロとして。
プロフェッショナルとは?

1年1年。
1日1日。
全力でプレーし、
お客を感動させられること。

そういう日々を私も送りたい。

☆今日のひとこと☆
11月のイベントに向けてのミーティングを
やっているみんなの目が真剣で素晴らしかった。
届けたい人に届くコピー、考えようぜ。

同じカテゴリー(イベント)の記事画像
「機会」を「学び」にするふりかえりの重要性
「感じる」から始まるキャリア教育
「明日から何やりますか?」
自己肯定は「営み」の中に内蔵されている
参加のデザインとしてのイナカレッジ
やりたいことを決めることは価値を固定化すること
同じカテゴリー(イベント)の記事
 「機会」を「学び」にするふりかえりの重要性 (2019-07-13 06:03)
 「感じる」から始まるキャリア教育 (2019-03-03 06:49)
 「明日から何やりますか?」 (2019-02-11 07:11)
 自己肯定は「営み」の中に内蔵されている (2018-12-08 11:03)
 参加のデザインとしてのイナカレッジ (2018-09-04 06:29)
 やりたいことを決めることは価値を固定化すること (2018-08-30 07:33)

Posted by ニシダタクジ at 06:49│Comments(0)イベント
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。