プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
オーナーへメッセージ

2008年09月23日

ふるさとを元気にしたい

高知大学で
いなかインターンシップというものが
開講されている。

申し込み開始から
受講希望者が集まるという。

そのひとつの理由が
田舎における人との関係の多様性を欲している

もうひとつの理由が
いずれふるさとに帰りたい。ふるさとを元気にしたい。
と思っている

からであるという。

たしかに。
ここ数年。
そんな大学生に多く会うようになっている。
地域づくりに対する関心も高まっているようだ。

そんな「ふるさとを元気にしたい」
という思いにこたえるような学びの場は
どこにあるのだろうか。

やはり。
自分のふるさとと同規模の都市での
取り組みをたくさん見ることだろう。

田園型政令市にいがた。
都市と農村が隣接している地域。

そんな地域は、全国にたくさんあるだろう。
全国のモデルとなるような、
そんな事業を創りあげていきたいね。

☆今日のひとこと☆
ギャザリングから戻ってきて1日。
すでに始動しています。
みんなの熱い気持ちに俺も熱くなります。

同じカテゴリー(思い)の記事画像
伽藍を捨ててバザールに向かえ
人生は経営であると伝えること
「ふるさと」を創出する方法
「勘違いする人」を増やすには?
ともに学ぼう
違和感から問いへ。問いから仮説へ。仮説と志のあいだ。
同じカテゴリー(思い)の記事
 伽藍を捨ててバザールに向かえ (2019-11-01 09:12)
 人生は経営であると伝えること (2019-08-18 07:58)
 「ふるさと」を創出する方法 (2018-05-18 08:21)
 「勘違いする人」を増やすには? (2018-05-10 12:12)
 ともに学ぼう (2018-04-01 07:49)
 違和感から問いへ。問いから仮説へ。仮説と志のあいだ。 (2018-02-23 08:21)

Posted by ニシダタクジ at 06:23│Comments(0)思い
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。