プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
オーナーへメッセージ

2008年09月29日

オンとオフ

まきどき村の朝ごはん。
初めての人がいないとき。
スローな空気が佐藤家を覆う。

この日のメンバーは、
料理しない組。

一家の主並みに、
囲炉裏に座って、
ご飯ができるまでお話をする人たち。

その一方。
ありえない料理を作ろうとする輩が
台所にいる。

トマトと水菜と聞けば
普通はサラダ。

しかし。
なぜかできた料理はトマトと水菜の煮びたしになっていた。

ぬるいトマトと水菜が絶妙なハーモニ・・・
ってそんなわけあるかい!

とまあ。
ゆっくりとした時間が流れる佐藤家。

オンとオフで言えば、
明らかにオフな時間。

ずっとオフだとたいへんだけど。
たまにはネジを2本くらい外してみたい。

☆今日のひとこと☆
土曜日に資料を忘れて、取りに行ってくれた星野くんに感謝。
いつもありがとうございます。

同じカテゴリー()の記事画像
動的な屋号と空白のある地図
地域のためではなく、自分のために
「判断」の余白をつくる
コーディネーターがつなぐのは
「計画できない」という前提で、直感と好奇心で動き続ける
「屋台」のある街
同じカテゴリー()の記事
 動的な屋号と空白のある地図 (2020-06-14 09:22)
 「機会」を「問い」に換え、Whyに立ち返る。 (2020-06-05 07:58)
 地域のためではなく、自分のために (2020-02-12 13:19)
 「判断」の余白をつくる (2019-12-09 10:20)
 コーディネーターがつなぐのは (2019-11-20 07:49)
 「計画できない」という前提で、直感と好奇心で動き続ける (2019-07-24 09:39)

Posted by ニシダタクジ at 06:24│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。