プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2008年10月14日

名言

ココロに残る言葉。
それがワンフレーズあれば、
僕は本を買ってしまう。

その一言に、
1500円の価値がある、って思ってしまう。

大学時代の僕を刺激した一言はたくさんある。

福島正伸さん
「成功者は思いを5分ごとに確認する」

中谷彰宏さん
「何も失敗しなかった1日は、何も挑戦しなかった1日だ」

マハトマ・ガンジー
「世界に変化を起こしたければ、自らがその変化になれ」

などなど。
そんな言葉を重ねていくことが
生きる力になっていく。

あなたにチカラをくれるフレーズを
教えてください。


同じカテゴリー(言葉)の記事画像
「百姓」をアップデートする
「挑戦」するな、「実験」せよ
「余白」とは、境界をあいまいにして「委ねる」こと
「自分に自信がない」の「自分」って何だ?
ソフトとしての本屋
「共鳴」から始まるプロジェクト
同じカテゴリー(言葉)の記事
 「百姓」をアップデートする (2019-07-25 07:43)
 「挑戦」するな、「実験」せよ (2018-11-07 16:45)
 「余白」とは、境界をあいまいにして「委ねる」こと (2018-10-29 06:52)
 「自分に自信がない」の「自分」って何だ? (2018-08-31 09:38)
 「予測不可能」という価値 (2018-05-23 10:20)
 「サードプレイス」から「アナザー・バリュー・スペース」へ (2018-02-28 08:12)

Posted by ニシダタクジ at 07:49│Comments(2)言葉
この記事へのコメント
わたしが大学生時代、ことあるごとに思い返していたのは、
やなぎみわさんの言葉です。

"集団や組織のなかで、つねに逸脱していくっていうのがアーティスト。
どこに行っても居心地が悪い、逸脱した人が作家になるのでしょう。

逸脱していくタイプって飽きやすいわけで、飽き続けることも才能。
逆にまったく飽きないのも大きな才能です。"

別にアーティスト目指してるわけじゃないけど、
逸脱してもオッケーだし、飽きてもいいのか~!
と、気持ちを開放してくれた言葉でした。
Posted by ぴのこ at 2008年10月15日 19:47
飽き続ける才能ってすごいですね。

「何をやっても続かない」っていうのは、
まだ打ち込む何かに出会っていないだけかもしれないですし。

夢があろうとなかろうと楽しんで生きてるやつが最強(高橋歩)

ってのも衝撃を受けた一言でした。
書き込みを見て思い出しました。
Posted by ジョニージョニー at 2008年10月16日 06:19
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。