プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2010年12月10日

キャリア教育をもう一度考える

高知で
キャリア教育に熱心に取り組む
高知中学高等学校の校長先生も、
名古屋で10年間キャリア教育支援の
NPOをやってきている毛受さんも

同じ本を紹介していた。
「キャリア教育-自立していく子どもたち」
(渡辺三枝子 東京書籍)

その中の一節。
キャリア教育は職業の準備教育ではありません。
夢に向かってわき目もふらず、まっしぐらに進ませることでもありません。
遠い将来大人になったとき、主体的に職業生活、そして自分の人生を
歩むようになるための基礎づくりです。

そうなんです。
キャリア教育は職場体験をすることではないのです。

なんて、もしかしたら当たり前のことなんだけど
今さら気がつきました。
そこで、もう一度
「キャリア」について考える必要があるなあと思いました。

14日(火)19:00 ウチノ・コラボレーション・ラボラトリーにて、
ジブンクエスト講座、久しぶりに開催します。

同じカテゴリー()の記事画像
二元論ではなく内包する
ドリームチームのフリをしろ
もう出港しているんじゃけえ
開かれ続けているということ
「結節点」としての私と「わたしたち」
「わたしたち」として歩む~「学び合い」から「見つけ合い」へ
同じカテゴリー()の記事
 二元論ではなく内包する (2020-09-20 12:45)
 ドリームチームのフリをしろ (2020-09-13 07:46)
 もう出港しているんじゃけえ (2020-09-11 07:43)
 開かれ続けているということ (2020-07-26 08:26)
 「結節点」としての私と「わたしたち」 (2020-07-24 08:11)
 「わたしたち」として歩む~「学び合い」から「見つけ合い」へ (2020-07-21 08:16)

Posted by ニシダタクジ at 07:57│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。