プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
オーナーへメッセージ

2010年12月27日

たったひとりが世界を変えていく

未来は僕たちの手の中にある。

その実感はあった。

それが真実であることを知った。

田坂広志「目に見えない資本主義」(東洋経済)

資本主義の前提となる
貨幣経済が揺らいでいるという著者。

世界はグローバル化し、
そしてインターネット革命が世の中を変えていく。

「バタフライ効果」

ブラジルでの蝶の羽ばたきが
テキサスでハリケーンを起こす。

というような現象が
現実社会において起こっている。

アメリカのサブプライムローンの破綻が、
世界中の経済をどん底に落とす。

企業の小さなクレームへの対応のまずさが
日本中に広がり、評判を落とす。

ということは、逆に言えば。

僕たちはひとりひとりが
世界を変えるチャンスがあるということ。

今日の小さなアクションは、
小さな羽ばたきかもしれないが、
それが世界に大きな影響を与えるかもしれない。

そう。
たったひとりの行動が世界を変えていく時代になったのだ。

「複雑系」を形成する
「情報革命」「規制緩和」「グローバリゼーション」

これが、個人の影響力を最大限にしている。

さあ。
あなたはどんな動きを見せるのか?

同じカテゴリー()の記事画像
チームになるとは、「問い」を共有すること
「達成」と「発見」を動的平衡できる複数の「場」
ウチに天才はいない。だがウチが最強だ。
ベクトルとして存在を許されるカフェという場
なぜ、若者は「地域」を目指すのか?
「好き」をベースに差異を理解し、チームのWHYをチューニングする。
同じカテゴリー()の記事
 「効率化」以外の解決策はないのか? (2020-11-28 07:59)
 チームになるとは、「問い」を共有すること (2020-11-27 09:43)
 それは「本屋」かもしれない (2020-11-04 07:20)
 「達成」と「発見」を動的平衡できる複数の「場」 (2020-10-25 07:57)
 ウチに天才はいない。だがウチが最強だ。 (2020-10-17 09:56)
 ベクトルとして存在を許されるカフェという場 (2020-10-15 06:21)

Posted by ニシダタクジ at 09:15│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。