プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
オーナーへメッセージ

2008年10月27日

評価と比較

ほめられるとうれしい。
称えられると、気分がいい。
他人からの評価によって、
僕たちは一喜一憂する。

では、他人からの評価のためにがんばっているのか?

小学校1年生から、
僕たちの勉強は
常に「評価」と共にあった。

理由は簡単だ。
教育の効果、成果をどこかで測る必要があるからだ。

成績が上がるとほめられ、
下がるともっとがんばらなきゃと思った。

いつしか。
僕たちは評価されるために勉強するようになった。

会社には「成果主義」が導入された。
査定によって、年収が変動するようになった。

いつしか。
僕たちは査定を上げるために働くようになった。

他人からの評価というのは、
周りの人との比較につながる。
あの人よりがんばっているか。
あの人より売上を上げたか。

評価を求める人生は、
比較をし続ける人生につながっているかもしれない。

評価や比較から
完全に解き放たれることはできないが、
僕は僕でありたい。
そう思った。

サンクチュアリ出版の往年のテーマを思い出す。

「自由であり続けるために、自分であり続けるために。」


同じカテゴリー(思い)の記事画像
「結節点」としての私と「わたしたち」
伽藍を捨ててバザールに向かえ
人生は経営であると伝えること
「ふるさと」を創出する方法
「勘違いする人」を増やすには?
ともに学ぼう
同じカテゴリー(思い)の記事
 「結節点」としての私と「わたしたち」 (2020-07-24 08:11)
 伽藍を捨ててバザールに向かえ (2019-11-01 09:12)
 人生は経営であると伝えること (2019-08-18 07:58)
 「ふるさと」を創出する方法 (2018-05-18 08:21)
 「勘違いする人」を増やすには? (2018-05-10 12:12)
 ともに学ぼう (2018-04-01 07:49)

Posted by ニシダタクジ at 05:58│Comments(0)思い
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。