プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 37人
オーナーへメッセージ

2011年01月17日

オススメ本の会

1月15日(土)
@ウチラボ1F「ツルハシ・ブックス」にて
第1回:オススメ本の会を開催しました。

各人がオススメの本を持ち寄り、
それを語るというもの。

しかも第1回はスペシャルとして、
オススメ本の会
裏千家師範、西尾さんの立てた抹茶が飲めました。

川村さんのこの1冊、はアルケミスト。
羊飼いの少年が人生の「何か」を探して旅に出た。
そこから始まる物語。
僕まだ読んでいないので読んでみます。
オススメ本の会

ぼくのオススメは
「ほぼ日の就職論 はたらきたい。」でした。
就活生にも働いている人にも
読んでほしい本です。

その後雑談をしながら、
夕方にやってくる高橋さんを
待っている1時間が長かった。

が。
登場しました。
cushu編集長の高橋真理子さん。
http://cushu.jp/cushu-book.html

日本酒×新潟の食で
本を2冊出しています。

そこに引き寄せられるかのように
「なご」さんと「はるくま」さんが
やってきました。

オススメ本の会

大雪なのにすごい。
高橋さんの想いと、
デザインセンスの素晴らしさに

「なご」さんは、「お菓子で日本酒」
お買い上げとなりました。

オススメ本の会

クランボルツ博士の
「偶然を起こし、偶然をつかむ」
ことの大切さを改めて実感しました。

オススメ本の会、
不定期開催します。

次回僕の担当するのは29日(土)です。
お待ちしています。

同じカテゴリー(イベント)の記事画像
風とゆききし、雲からエネルギーをとれ
「存在」と「学び」の出発点としての被贈与
生きるために作品をつくる
「面白がる」というフィクションで「存在」を確認する
「一回性」と「シェア」と「神話」
学びの主体を「個人」から「場」へ移行する
同じカテゴリー(イベント)の記事
 「自分らしさ」は、原因ではなく結果 (2021-02-22 06:53)
 風とゆききし、雲からエネルギーをとれ (2021-02-21 06:46)
 「存在」と「学び」の出発点としての被贈与 (2021-02-08 08:19)
 視点を上げると、問いが小さくなる (2021-01-20 07:39)
 生きるために作品をつくる (2021-01-17 09:10)
 「面白がる」というフィクションで「存在」を確認する (2020-11-25 08:17)

Posted by ニシダタクジ at 07:04│Comments(0)イベント
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。